印刷 | 通常画面に戻る |

ソグド商人

中央アジアの中継貿易で活躍したソグド人の商人。ウイグルの保護を受けて東西貿易に従事し、唐でも活動した。

 ソグド商人は、シルクロードの天山南北路の西端、パミール高原の西側のソグディアナ地方のオアシス国家を拠点として、東西の貿易にあたっていたイラン系民族ソグド人の商人たち。彼らは運んだ品物は、中国から西へは主として絹、西方から中国へはイランの金銀器やガラス製品などであった。また漢代には匈奴と漢民族の間の絹馬貿易を中継した。彼らは中継貿易に活躍するだけでなく、中国の洛陽まで来て商業活動を営んでいたことが知られている。その拠点の一つとして繁栄したのがサマルカンドである。ソグド人はソグディアナがトルコ化してトルキスタンといわれるようになってトルコ人と同化していったが、現在でもサマルカンドなどにはソグド人時代の繁栄を示す遺跡、遺物が残されている。さらに唐の都長安には、ソグド人が活動しており、彼らのもたらしたゾロアスター教の寺院も見られた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 ア.トルコ系民族の進出とソグド人