印刷 | 通常画面に戻る |

高麗版大蔵経

朝鮮の高麗時代に作られた仏教経典の印刷用木製原版。

 こうらいはんだいぞうきょう。朝鮮の高麗時代を代表する文化遺産。大蔵経とは一切経とも言われ、経(釈尊の教え)、律(僧侶の生活規範)、論(経の注釈書)の「三蔵」と解説書などをすべて含む仏教典籍の総称である。中国では10世紀後半、宋の太祖(趙匡胤)の時に漢訳大蔵経木版印刷による刊行が着手された。高麗では、第8代顕宗の1020~21年頃、大蔵経の刊行に着手し第13代の宣宗の1087年に完成した。いずれも国家的な大事業として取り組まれた。
高麗版大蔵経
海印寺に所蔵される高麗版大蔵経

モンゴル軍の侵入による焼失と再刊

 ところがその版木は、1232年のモンゴル軍の高麗侵攻の際にすべて焼失ししてしまった。高麗の崔氏政権は、モンゴルの第3次侵略がはじまった翌年の1236年に、仏力による加護を得ようとして大蔵経の再刊に着手、16年かかって高宗38年(1251年)に完成した。
 戦乱の中で莫大な財力・労力を傾注したのは、支配者層にとって救国の事業と考えられたからである。高麗時代は仏教は国教であり、国家鎮護の法として国王・文武百官以下広く民間に信仰されていた。
 この復刻された経版は、その後長く大切に保存され、いまも南朝鮮の海印寺に残っている世界的仏教資料である。日本の室町・戦国の大名・豪族も朝鮮に使者を送りなんどもこの版木で刷った大蔵経をもとめた。それが現在、日本各地にも残っている。<旗田巍『元寇』中公新書 P.33-34による>

出題 2004年 東大 第3問 問4

 韓国の海印寺には、13世紀に作られ、ユネスコの世界文化遺産に登録された8万枚をこえる版木がある。この版木による印刷物の名称を記せ。

解答