印刷 | 通常画面に戻る |

ハールーン=アッラシード

8世紀のイスラーム帝国アッバース朝全盛期のカリフ。文芸、学芸の保護者として知られる。

 イスラーム帝国アッバース朝の第5代カリフ。在位786~809年。アッバース朝の全盛期のカリフとして有名。若い頃782年にビザンツ帝国の都コンスタンティノープル遠征で功績をたて、父のカリフからアル=ラッシード(正道を踏む者)の名をもらった。
 カリフとなった時代はヨーロッパではフランク王国のカール大帝と同時期であり、フランク側の記録では贈り物の交換をしている。フランクとアッバース朝は、ビザンツ帝国と後ウマイヤ朝という共通の敵を持っていたので、友好関係を持ったことは考えられる。ただし、両者の力関係は、圧倒的にアッバース朝ハールーン=アッラシードが上であった。彼はまた文芸や芸術を好み、多くの芸術家を保護し、バグダードの繁栄をもたらした。彼がバグダードに建設した知恵の館は、アレクサンドリアのムセイオンに伝えられていたギリシア語文献を、アラビア語に翻訳する学術センターとして機能した。
 しかしその死後、アッバース朝の求心力は急速に衰え、エジプトやイランに地方政権が自立して、イスラーム帝国の分裂の様相は決定的となる。

Episode 『千夜一夜物語』の時代

 ハールーン=アッラシードは、有名な『千夜一夜物語』にも登場する。またその中でも有名な船乗りシンドバッドの物語の主人公はバクダードの商人であった。シンドバッドのようなアラビア商人たちが活躍していたのが、この時代のアッバース朝の都バクダードであった。またカリフの宮廷は、世界中の富が集まり、豪華な装飾を施した宮廷での生活が行われていた。しかし、この様なバグダードの繁栄の背後では、広大なイスラーム帝国の隅々にまでカリフの権威が行きわたらないようになり、イスラーム帝国の分裂が始まっていた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 エ.イスラーム帝国の分裂