印刷 | 通常画面に戻る |

カスティリャ王国

イベリア半島北西部のキリスト教王国。レコンキスタ運動を進め、1479年にアラゴン王国と統合されてスペイン王国となる。

 カスティリャはカスチラ、カステラなどとも表記する。イベリア半島の北西部に生まれたレオン王国から別れて10世紀に成立。レコンキスタ運動の中心勢力として次第にイベリア半島中部に進出し、1035年にフェルナンド1世のもとで王国となり、37年にはレオン王国との同君連合国家となって「カスティリヤ=レオン王国」と称した。その後、1143年には西南部のポルトガルがぶんりするなど、分離・統合がくりかえされたが、13世紀には最も強大となって、1212年にはナバス=デ=トロサの戦いでイスラームの残存勢力を撃破した。1230年にはレオン王国を完全に併合し、さらに1236年にコルドバを奪った。カスティリヤのトレドの翻訳学校はイスラーム文化を通じて伝えられたギリシア文献をラテン語に翻訳し、中世のヨーロッパ文化に大きな影響を与えた。

スペイン王国の成立へ

 アンダルシア地方も併合したカスティリャ王国の王女イサベルは、1469年にアラゴン王国の太子フェルナンドと結婚、1474年に王位に就いた。ついで、フェルナンドが1479年、アラゴン王に即位した時に、両国は統合され、スペイン王国となって、イサベル1世とフェルディナンド5世として共同統治しカトリック両王といわれることとなった。

Episode カステラの故郷

 日本でカステラと言っているのは、長崎出島にオランダ人によって伝えられた、カスティリャで作られていたお菓子。カスティリャがなまってカステーラになった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ケ.スペインとポルトガル