印刷 | 通常画面に戻る |

アブデュル=ハミト2世

19世紀後半のオスマン帝国スルタン。専制政治を行ったが青年トルコ革命で退位に追い込まれた。

オスマン帝国の危機が深まる中、スルタン(在位1876~1909)として専制政治を展開した。アブデュルハミト2世とも表記。国内の立憲運動に押され、1876年、宰相ミドハト=パシャに憲法(ミドハト憲法)を起草させ制定したが、翌年ロシアの南下が強まり露土戦争が起こると、1878年に憲法を停止、専制体制を復活させた。

パン=イスラーム主義を掲げる

 アブデュル=ハミト2世は、列強が帝国内のトルコ人以外のイスラーム教徒(アラブやエジプトなど)を支援して介入してくることを警戒し、オスマン帝国のスルタンの元でのイスラーム教徒の団結を図るため、パン=イスラーム主義を主張した。しかしその間、ルーマニア、セルビア、ブルガリアは独立を表明し、キプロスもイギリスの保護下に入ってしまった。その立憲政治を否定した反動的な専制政治に対する反発が次第に強くなり、1908年に青年トルコ革命が起こり退位させられる。

Episode 「血まみれのスルタン」

 アブデュル=ハミト2世は「瀕死の病人」オスマン帝国の実質的な最後のスルタン。その専制政治は大変厳しく、反対派の立憲主義者を弾圧するために全国にスパイを放ち、電信網を張りめぐらしたという。とくにアルメニア人に対するはげしい迫害から「血まみれのスルタン」とか、「地獄落ちのアブデュル」などと言われた。しかし彼が作り上げた電信網が青年トルコ革命やケマルの独立運動でも役だったというのは皮肉である。<山内昌之『近代イスラームの挑戦』1991 中央公論社世界の歴史20 p.213 などによる>

Episode トルコ海軍の日本訪問

 1889(明治22)~90(明治23)年にかけて、オスマン帝国のスルタン、アブデュル=ハミト2世の派遣したトルコ海軍の帆船エルトゥールル号が日本を訪問した。アジアのイスラーム教国を歴訪し、日本には条約の締結を目的として寄港した。ところが帰国途中、和歌山県串本沖で座礁し沈没してしまった。その時日本人漁民が救助にあたり、乗員650人中、69人を救助し、その後生存者はトルコに送り届けられた。現在も串本町にはエルトゥールル号の慰霊碑があり日本とトルコの友好のしるしとなっている。<山内昌之『近代イスラームの挑戦』1991 中央公論社世界の歴史20 p.240>

アブドュル=ハミト2世の時代

 アブドュル=ハミト2世の時代は、専制体制に逆戻りしたとはいえ、かえってタンジマート以来の「西洋化」改革の成果が首都イスタンブルのみでなく、地方にも波及し定着した時代であった。近代西欧モデルの諸学校も、リセや中学校が各地に普及し、その教師を養成するあめの師範学校も各地にひらかれていった。その結果、帝国各地で新しいタイプの知識人が生まれた。彼らを読者層として多くの新聞、雑誌が刊行され、近代文学も本格的創作の時代を迎えた。その象徴が1883年のオリエント急行の開業だった。<鈴木董『新書イスラームの世界史3 イスラーム復興はなるか』1993 講談社現代新書 p.50>

Episode オリエント急行の背景

 1883年に開業したイスタンブルとパリを結ぶオリエント急行は、のちにはロンドンにまでのび、豪奢な寝台車、舞踏会もひらけるサロン車をそなえ、欧米人にとり東洋情緒のシンボルとなった。その背景には、19世紀後半にはじまった、西欧列強によるオスマン帝国への鉄道投資ブームがあった。1856年、イズミルとアイドゥンを結ぶ鉄道がイギリスにより敷設されて以来、列強はアナトリアでつぎつぎと鉄道利権をあたえられ、鉄道を敷設した。鉄道は帝国の経済発展をもたらしたが、同時に鉄道敷設権を通じて列強は帝国に対する政治的影響を浸透させていった。その一方で、帝国はタンジマート時代の1854年に第一回国債を発行してから、改革と度重なる戦争の費用を外債に依存し、アブドュル=ハミト2世専制時代の1881年には総額1億9千万英ポンドに達し、身動きできない状態になっていた。債権者であるイギリス・フランス・ドイツ・オーストリア・イタリア・オランダの6国は管理委員会を設置し、帝国の税収の多くをその管理下に置いた。政府は緊縮財政を余儀なくされ、鉄道も外国利権に抑えられて明確な経済発展のための施策に欠いていた。<同上 p.51-52>

出題

 東京大学 2003年 (交通手段の発達に関連して)「1883年10月4日にパリを始発駅として運行を開始したオリエント急行は、ヨーロッパ最初の国際列車であり、近代のツーリズムの幕開けを告げた。他方で、終着駅のある国にとっては、その開通はきびしい外圧に苦しむ旧体制が採用した欧化政策の一環であった。オリエント急行の運行開始時のこの国の元首の名と、終着駅のある都市の名を記せ。

解答  → 

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 ウ.オスマン帝国の改革
書籍案内

坂本勉・鈴木董編
『新書イスラームの世界史3 イスラーム復興はなるか』
1993 講談社現代新書

山内昌之
『近代イスラームの挑戦』
世界の歴史 20
1991 中央公論社