印刷 | 通常画面に戻る |

ファルツ戦争/アウクスブルク同盟戦争

1688~97年のルイ14世の侵略戦争の一つ。オランダ、スペイン、イギリスなどのアウクスブルク同盟との戦争で、イギリス名誉革命と同時期に展開され、北米植民地では英仏がウィリアム戦争を戦っていた。

 ファルツ継承戦争とも言われる。ファルツはプファルツとも表記する。また、アウクスブルク同盟戦争と言われることも多い。ファルツ(プファルツ Pfalz)とはライン川中流の西側にある神聖ローマ帝国の領邦国家の一つ(現在はドイツのラインラント=ファルツ州)で選帝侯の一つであった。南ネーデルラント継承戦争オランダ侵略戦争に続く、フランスのルイ14世による侵略戦争の一つであった。

開戦の口実と背景

 ファルツ選帝侯カールが1685年に没した際、ルイ14世は弟の二番目の妻がカールの妹であったところから、その領土の継承権を主張した(呆れるほど強引ないいぶんではあります)。同じ年、ルイ14世はナントの王令を廃止してプロテスタント弾圧に乗り出したので、プロテスタント諸国を中心として周辺諸国は大きな脅威を感じた。オランダのウィレム3世が提唱して、オランダ・スウェーデンなど新教国と神聖ローマ皇帝・スペインの旧教国が結束してアウクスブルク同盟を結成した。フランスという軍事大国の覇権主義に対する、集団的自衛権の行使といったところである。そのころ、1683年にオスマン帝国の第2次ウィーン包囲が行われており、その脅威はまだ去っていなかったので、神聖ローマ帝国(オーストリア)は東西二面で戦わなければならなかった。

名誉革命と同時進行

 1688年9月、フランスはファルツ侵攻を開始、同盟国軍と戦争を開始した(オスマン軍が引き上げる前に攻撃した)。ところがこの年11月、イギリスで名誉革命が始まり、オランダ総督ウィレム3世がイギリスに上陸、翌年イギリス王ウィリアム3世となり、イギリスもアウクスブルク同盟に加わることになった。こうしてこの戦争はフランス対アウクスブルク同盟というヨーロッパ各国が関わる戦争となり、翌年にはフランス軍はライン川を越えてハイデルベルク、マンハイムで焦土作戦を敢行して、同盟国軍を慄然とさせた。その後も戦場はライン川流域を中心にヨーロッパ各地に広がり、海上でも両海軍が衝突を繰り返した。
 一方、ルイ14世は名誉革命で追われてフランスに亡命したジェームズ2世を支援して、1690年にはアイルランドに侵攻したが、ウィリアム3世によってボイン川の戦いで敗れ、イギリス復帰はならなかった。

新大陸ではウィリアム王戦争が展開

 さらに1689年5月からはアメリカ大陸でのイギリスとフランスの植民地戦争であるウィリアム王戦争が始まっている。ウィリアム王戦争はインディアンの帰属をめぐって両国が激しく争ったが、決着がつかず、97年まで続いた。またインドにおいては、このころポンディシェリに拠点とするフランスと、マドラスのイギリスとの抗争がきびしくなった。このように、この戦争は全世界的な規模に広がっていた。

ライスワイク条約

 ファルツ戦争=アウクスブルク同盟戦争は一進一退を繰り返して長期化し、次第に厭戦気分が生まれ、ようやく1697年、ライスワイクの和議が成立して戦争が終わった。ライスワイク(リズウィグとも表記する)条約で、フランスが各国に認めた内容は次のようなものであった。
  • ファルツ選帝侯の相続権は放棄する。そのかわり金を受け取る。
  • 神聖ローマ帝国に対して、占領地は返還するがアルザス地方のシュトラスブルク(ストラスブール)はフランス領とする。
  • スペインに対して、占領地は返還するがサン=ドマング島の西半分(現在のハイチ)はフランス領とする。
  • イギリスに対して、ウィリアム3世の王位継承を承認する。
  • オランダに対して、通商上の特恵を与える。
 フランスにとっては孤立した戦いとなり、9年にわたる戦争であったにもかかわらず得るところが少なかった。そのため、ルイ14世にたいする民衆の不満も強まってくる。ルイ14世の安定した絶対王政が、晩年にかけて動揺しはじめるきっかけとなった。
注意 ファルツ戦争は、その名称からして狭い範囲に限定された戦争と誤解しやすい。また、教科書などでもルイ14世の一連の侵略戦争の一つとしてしか扱われていない。しかし、上で見たとおり、この戦争はヨーロッパの各国が関わり、英仏の対立は新大陸とインドにまで及んでいる、広範囲に展開された世界戦争の最初の例であり、しかも9年間も続いた戦争だった。また、名誉革命やオスマン帝国の圧力との関係している、世界史的にも重要な戦争であった。18世紀の一連のヨーロッパ列国間の戦争と植民地戦争が連動するという関係は、この戦争で既に始まっていることを抑えておこう。 → 英仏植民地戦争/英仏百年戦争(第2次) スペイン継承戦争
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 エ.ルイ14世の時代