印刷 | 通常画面に戻る |

ルイ15世

18世紀中ごろのフランス・ブルボン朝の国王。殖民地戦争に敗れる。

 フランス・ブルボン朝の国王(在位1715~74年)、ルイ14世の曾孫。わずか5歳で国王となったので、はじめはオルレアン公フィリップが摂政として政治を執り、1723年から親政を開始した。国内政治では比較的平穏であったが、対外的にはヨーロッパではポーランド継承戦争(1733~35年)、オーストリア継承戦争(1740~48年)、七年戦争(1756~63年)に介入したが、プロイセン王国の台頭を許すなど、困難な局面を迎えていた。ただしこの間、フランスは1768年、コルシカ島をジェノヴァから買収、また1766年にルイ15世の義父の元ポーランド国王であったロレーヌ公が死去したため、ロレーヌ公国を併合している。

海外植民地の喪失

 しかし、オーストリア継承戦争と並行して行われたジョージ王戦争、さらに七年戦争の時のフレンチ=インディアン戦争プラッシーの戦いなどのイギリスとの植民地戦争でいずれも劣勢になり、アメリカ大陸とインドのいずれにおいても植民地の喪失が続いた。これらの対外戦争の出費増はフランスの財政を圧迫し、次のルイ16世時代に深刻な事態をもたらすことになる。
 ルイ15世の宮廷で最も権勢を振るったのが、その愛妾のポンパドゥール夫人であった。オーストリア・ハプスブルク家のマリア=テレジアと結ぶ外交革命に成功したのもこの夫人が仲介したことによる。
 ルイ15世が統治した18世紀のフランスには、ヴォルテール、ルソー、ディドロなどの啓蒙思想が登場し、まず思想面から市民革命が準備された時代であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 エ.ルイ14世の時代