印刷 | 通常画面に戻る |

プラグマティッシェ=ザンクティオン

1713年、神聖ローマ皇帝カール6世が定めた、ハプスブルク家の家督相続規定。特に女子の家督相続権を認めたことにより、後のマリア=テレジアの相続が可能になった。

 1713年、神聖ローマ帝国皇帝カール6世が定めたオーストリア=ハプスブルク家の家督継承に関する勅令で、ハプスブルク家領の不可分と、長子相続制を定めた。長子であれば女子にも相続権が認められた。これは、男子の継承者がいなかったカール6世が、長女のマリア=テレジアに家督を相続させることを念頭においたものであった。
 ただし、ハプスブルク家の家長として世襲できるのはオーストリア大公、ボヘミア王、ハンガリー王などの地位であって、神聖ローマ皇帝の位は七人の選帝侯による選挙で選出される建前であった。 → オーストリア  ハプスブルク帝国  オーストリア帝国
※参考 高校生の世界史学習の用語辞典では、「王位継承法」(山川出版社世界史B用語集)、「家憲」(三省堂【詳解】世界史用語辞典)として参考程度に扱われている(実教出版版には見当たらない)。いずれも訳語としては正確ではなく、定着もしていないようである。しかし、オーストリア継承戦争など、18世紀ヨーロッパ諸国の戦争を理解する上で必要な用語と思われるので、そのまま取り上げた。

長子相続制のねらい

 プラグマティッシェ=ザンクチオンとは「国事に関する勅令(皇帝の命令)」という意味であるが、一般的にはこの時に出された、ここではハプスブルク家の基本的家憲という意味である。内容はハプスブルク家の家領の不可分(分割できないこと)と長子相続制(長子であれば女性にも相続権がある)を認めたもの。ハプスブルク家は兄弟による分割相続が伝統であり、家督も長子と限定されていなかったので、カール6世は長男が若死にし、この年女子のマリア=テレジアが生まれたが、彼女が相続権を失い、他のハプスブルク家人に移ることを恐れた。このハプスブルク家の家憲を神聖ローマ帝国の国制として、他の領邦にも認めさせようとしたのがねらいである。オーストリア支配下にあったボヘミア(ベーメン)、ハンガリークロアティアなどの身分制議会は、一定の自治を認めることを条件に承認した。

オーストリア継承戦争

 しかしやがて1740年にカール6世が死去すると、この規定に従ってマリア=テレジアが家督を継承し、オーストリア大公妃、ボヘミア王、ハンガリー王に即位すると、プロイセン王国フリードリヒ2世バイエルンのなどが異議を申し立てた。フリードリヒ2世は承認する代償としてシュレジェンの割譲を要求、直ちに出兵してオーストリア継承戦争となった。また空位になった神聖ローマ皇帝には1742年にバイエルン公のカール7世が選出され、ハプスブルク家の皇帝継承が途絶えた。プロイセン・バイエルンをフランス・スペイン、オーストリアをイギリスが支援してヨーロッパ各国が関わる戦争となったが、1748年に講和が成立して、マリア=テレジアの家督相続とオーストリア大公の位、その夫のロートリンゲン公フランツ1世の神聖ローマ皇帝即位が承認されたが、オーストリアはシュレジェンを失った。

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 オ.プロイセンとオーストリア