印刷 | 通常画面に戻る |

コロンビア

1919年に大コロンビアとして独立。1830年にコロンビアとなる。

 スペインのヌエバ=グラナダ副王領から、シモン=ボリバルの指導により、1819年大コロンビア共和国として独立した。地域対立により、ボリバルの死後の1830年にベネズエラエクアドルが分離した後、コロンビア共和国となった。コロンビアという国名はコロンブスに由来する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章1節 イ.ウィーン体制の動揺