印刷 | 通常画面に戻る |

ニコライ1世

ロシア皇帝(在位1825~55)。ウィーン体制を支える。クリミア戦争を起こしたが敗れた。

兄のアレクサンドル1世の急逝によって皇帝となり、その即位の時にデカブリストの反乱が起こり、即位とともに鎮圧した。ツァーリズムの強化に努め、ウィーン体制の保守反動体制の一翼を担った。1848年にヨーロッパ各国の革命が勃発すると、オーストリアやポーランドでの革命運動を鎮圧し、「ヨーロッパの憲兵」といわれた。さらにオスマン帝国の弱体化に乗じ、エジプト=トルコ戦争に介入、黒海方面への進出を図り、さらに南下政策を強めて聖地管理権をめぐってオスマン帝国・フランスとの間で1853年にクリミア戦争を起こし、敗北が決定的となる中で病死した。東方への進出にも積極的で、クリミア戦争の最中、プチャーチンを日本に派遣し、1855年、日露和親条約を締結した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 ア.東方問題とクリミア戦争