印刷 | 通常画面に戻る |

ウンキャル=スケレッシ条約

1833年、第1次エジプト=トルコ戦争に敗れたオスマン帝国がロシアの両海峡航行権を認めた条約。

 ウンキャル=スケレッシとはイスタンブル対岸の地。フンキャル・イスケレスィ、ヒンキャール・イスケレシ、などとも表記。1833年、オスマン帝国はマフムト2世、ロシアはニコライ1世が署名した、ダーダネルス=ボスフォラス海峡(両海峡)の航行に関する条約。オスマン帝国はロシア軍監の両海峡孝行を認め、他国の軍艦の航行を禁止することを約束した。
 両海峡は、1774年のキュチュク=カイナルジ条約でオスマン帝国がロシアの商船の両海峡通過を認めたが、ロシアの地中海進出を警戒した列強が干渉し、1809年には列強間の取り決めで軍艦の航行はすべての国を対象に禁止されることになっていた。

ロシア軍監の両海峡航行権認められる

 第1次エジプト=トルコ戦争に敗れたオスマン帝国のマフムト2世は、エジプトのムハンマド=アリーを抑えるためにはロシアの支援が必要であると考え、ニコライ1世の要求に応えてロシアに有利な条件でこの条約を締結した。秘密条項でロシア軍艦のダーダネルス=ボスフォラス海峡の通行権と、他国の軍艦の通行禁止が認められ、見返りとしてロシアはオスマン帝国への援助を約束した。
再び航行禁止に 1839年に始まった第2次エジプト=トルコ戦争では、オスマン帝国はロシアおよび英仏の支援によりエジプトを破ったが、1840年のロンドン会議が開催され、その結果翌年の5国海峡協定によってウンキャル=スケレッシ条約条約は破棄されて、海峡は再び封鎖(艦船の通行禁止)されることとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 イ.アラブ民族のめざめ