印刷 | 通常画面に戻る |

ロンドン会議(1827-31)

1827~31年の英、仏、露などの国際会議。ギリシア独立問題・ベルギー独立問題を協議した。

 1927年から31年まで断続的に続いた、イギリス・フランス・ロシアなどによる国際会議。1930年にはギリシア独立を正式に承認し、またベルギーの独立問題についても協議し、31年にはその独立を承認した。
 なお、ロンドン会議という名称の国際会議は、これ以降、数多く開かれるている。 

ロンドン会議(1840)

1840年、第2回エジプト=トルコ戦争の講和会議。イギリスなどの列強がムハンマド=アリーの強大化を抑えた。

 1840年、第2次エジプト=トルコ戦争(エジプト事件)の講和会議。イギリス・オーストリア・プロイセン・ロシアの4ヵ国の協定が成立(ロンドン4国条約)、ムハンマド=アリーのエジプト・スーダンの総督の世襲権を認めらた。さらに1841年、5国海峡協定が結ばれ、ウンキャル=スケレッシ条約は破棄、ダーダネルス=ボスフォラス海峡は封鎖された。