印刷 | 通常画面に戻る |

キュチュク=カイナルジ条約/クチュク=カイナルジャ条約

1774年、第1次ロシア=トルコ戦争の講和条約で、ロシアがオスマン帝国から両海峡通行権などを獲得した。

 キュチュク=カイナルジ Küçük Kaynarca は現在のブルガリアに属するドナウ川河口の地名でトルコ語。キュチュクはクチュク、カイナルジはカイナルジャとも表記する。ロシアは1696年のピョートル大帝アゾフ海進出以来、南下政策を強めて、黒海方面への進出を進めていたが、エカチェリーナ2世は1768年にオスマン帝国に戦争を仕掛け(第1次ロシア=トルコ戦争)、戦いを有利に進めて1774年、ブルガリアのキュチュク=カイナルジでロシアとオスマン帝国(トルコ)間にこの条約が締結された。  主要な内容は、ロシアがアゾフ、ドニェプル河口、ケルチなどを獲得したことと、
・ロシアの黒海の自由航行権を認める。
・ロシアのボスフォラス=ダーダネルス海峡の商船の航行権を認める。
・ロシア皇帝にオスマン帝国内のギリシア正教徒への保護権を認める。
・オスマン帝国はクリミア半島クリム=ハン国に対する保護権を失った。
 これらは後のクリミア戦争でのロシアのオスマン帝国への介入の口実となり、いわゆる東方問題の始まりを意味していた。 → ウンキャル=スケレッシ条約 

キュチュク=カイナルジ条約の意義

・オスマン帝国にとっては、ロシア皇帝によるオスマン帝国内におけるギリシア正教徒への保護権を認めてしまったこと、黒海の制海権を事実上放棄したことも重要であるが、最大の屈辱はクリム=ハン国に対する保護権を放棄したことである。同じトルコ系であり、イスラーム教国としてオスマン帝国に臣属していた国を見捨てたことは、オスマン帝国の権威をゆるがす出来事だった。
・ロシア帝国にとっては、商船のボスポラス=ダーダネルス海峡の航行権、オスマン帝国内のギリシア正教徒保護権(本来はイスタンブルにおけるギリシア正教教会建設と清教徒保護の権利であったが、後に帝国全土に拡大された)を得たことが重要で、それによってロシア内政への干渉を可能にした。
・一方、フランスは、ロシアに対抗して、オスマン帝国内のキリスト教徒保護権を主張した。すでに、ルイ14世の時にレバノンのマロン派キリスト教徒に対する保護権を得ていたが、それをまもなく帝国全土に拡大された。それまでオスマン帝国内の非ムスリム住民はジンミー(ズィンミー、被保護民)賭して保護され、ミッレトと呼ばれる宗教的自治体に組織されていたが、こうした民族と宗教の平和共存にもぴりおどがうたれらのである。<山内昌之『近代イスラームの挑戦』1996 中央公論社刊世界の歴史20 p.82>  → 聖地管理権 クリミア戦争
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 ア.オスマン帝国支配の動揺