印刷 | 通常画面に戻る |

仇教運動

19世紀後半~20世紀初め、中国の民衆の中に起こった反キリスト教運動。義和団の蜂起につながる。

 きゅうきょううんどう 中国の雍正帝の時の1723年にキリスト教の布教禁止がなされたが、中国におけるキリスト教は、宣教師の密航もあって、消滅すること無く民衆の中に続いていた。清朝末期になると社会に不満を持つ層の支持を受けて1851年に太平天国の乱が起こった。太平天国の乱の続く中、アロー戦争が勃発、その講和条約として1858年に天津条約が結ばれ、公式にキリスト教布教の再開が認められた。それによって、以後カトリックとプロテスタントの両派とも積極的な布教を展開するようになった。

中国民衆の反キリスト教運動

 天津条約で公認されてからの中国でのキリスト教はヨーロッパ諸国の力を背景にした特権的な存在であり、その布教活動も治外法権によって守られている存在であったので、外国人宣教師および外国人一般に対する反感がかえって次第に強くなった。キリスト教の教えが儒教的な秩序を脅かすととらえた地方の郷紳の中には民衆を扇動して教会や宣教師を襲撃する事件(これを教案という)を起こすことが多くなってきた。
義和団の蜂起へ そのような中で活発になった仏教系の民間信仰である白蓮教の流れをくむ義和団が、山東省で活発に活動するようになった。キリスト教を激しく排斥しようとしたのが、であった。1897年、山東省でドイツ人宣教師が殺害される事件がおこり、それを口実にしたドイツが山東半島一帯に進出したことに対し、義和団はキリスト教排斥を掲げて排外気運を煽り、1900年に北京を占領、清朝政府もそれに押されて諸外国に宣戦布告して義和団事件(北清事変)となった。
印 刷
印刷画面へ