印刷 | 通常画面に戻る |

ワシントン体制

ヴェルサイユ体制を補完するワシントン会議で成立したアジア・太平洋地域の枠組み。

 ワシントン会議によってつくられた中国に関する九カ国条約と太平洋地域に関する四カ国条約の二つの条約によって形成された、第一次世界大戦後1921~1936年頃までの東アジア・太平洋地域の国際秩序。ドイツ脱落後、日本の進出をアメリカ・イギリスが抑える構図となっている。ヨーロッパの「ロカルノ体制」と並んで、ヴェルサイユ体制を支えるものであったといえる。
 日本は1920年代は世界的な国際協調に歩調を合わせていたが、昭和恐慌頃からの軍部・右翼の台頭によって、次第にワシントン体制打破を国家方針とするようになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章2節 ア.ヴェルサイユ体制とワシントン体制