印刷 | 通常画面に戻る |

ロカルノ条約/ロカルノ体制

1925年、ドイツを含むヨーロッパ7ヵ国が締結した地域的集団安全保障条約。

 1925年10月16日、スイスのロカルノで調印された、イギリスフランスドイツ共和国・イタリア・ベルギー・ポーランド・チェコの7ヶ国による地域的集団安全保障条約ヴェルサイユ条約におけるラインラント非武装の規定を強化するために締結された。イギリスのオースティン=チェンバレン(ジョセフの長子。ネヴィルの異母兄)、フランスのブリアン、ドイツのシュトレーゼマンの各外相による国際協調路線の成果であり、1925年から1929年までの「相対的安定期」を現出した。A.チェンバレンは1925年度、ブリアンとシュトレーゼマンは1926年度のノーベル平和賞の受賞者となった。

ロカルノ条約の内容

 正式には同年12月1日ロンドンで調印された、次の条約より成る。
  1. ドイツ-フランス国境、ドイツ-ベルギー国境の現状維持と不可侵を、フランス・ドイツ・ベルギーが認め、イギリス・イタリアがそれを保障したラインラント条約。
  2. ドイツが、フランス・ベルギー・チェコ・ポーランドの4ヶ国とそれぞれ結んだ仲裁裁判条約。
  3. フランスが、チェコ・ポーランドとそれぞれ結んだ相互援助条約。

ドイツの国際社会への復帰

 ロカルノ条約はドイツの国際連盟加盟を発効の条件にしていたので、翌1926年にドイツの国際連盟加盟が実現する。これによって、第一次世界大戦開戦の戦争責任からヴェルサイユ体制を強制された形となり、ソ連を除く諸国との国交を持てず孤立していたドイツが、国際社会に復帰することとなった。

ロカルノ体制

 ロカルノ条約によって成立した西ヨーロッパの集団安全保障による国際的安定をロカルノ体制とも言う。これは、国際連盟が十分な平和維持機能を持っていなかったヴェルサイユ体制のもとで、アジア・太平洋地域おけるワシントン体制とともに、重要な国際秩序維持のしくみであった。また、国境問題を含み国々が、地域的な集団安全保障を具体的に構築した最初の試みとして重要であり、それは第一次世界大戦の原因となった集団的自衛権を掲げた各国が軍事同盟を結ぶことによって勢力均衡を図るという国際政治理念に代わる、新たな理念が具現化されたという意味があった。

問題点と破綻

 反面、ロカルノ条約は、ソ連を排除した。新経済政策を進めるソ連は1922年にラパロ条約をドイツと結び、ドイツにとって唯一の国交を持つ国であったので、このロカルノ条約の締結はフランス・イギリスなどが暗にソ連に対抗する同盟関係を意図いているのではないかという反発を生んだ。地域的集団安全保障は、それから除外された国にとっては大きな脅威と映るものであった。
 一方でロカルノ条約は、ドイツの国際社会への復帰を実現したが、賠償問題は根本的に解決されず、アメリカへの経済的従属が強いられることとなり、ドイツの国民的不満を解消することはできなかった。特に、1929年、アメリカ発の世界恐慌がドイツに及ぶことによって、ヴェルサイユ体制・ロカルノ体制打破を掲げたヒトラーのナチ党が急速に台頭すると脅威にさらされることとなる。1933年に成立したヒトラー内閣は同年に国際連盟を脱退し、さらに再軍備を進めたヒトラーは、ロカルノ条約の破棄を各国に通告して1936年にラインラント進駐を強行した。それに対してイギリス・フランスは具体的な抗議行動を取ることなく容認したことから、ロカルノ体制は破綻してしまう。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章2節 イ.国際協調と軍縮の進展