印刷 | 通常画面に戻る |

九・三〇事件

1965年、インドネシア軍部が共産党を排除したクーデター。後にスカルノは失脚、スハルト独裁の発端となる。

 1965年9月30日にインドネシア共和国で起こったクーデター事件とそれに伴う政変。結果的にスハルト将軍に率いられた陸軍右派が台頭し、インドネシア共産党は排除され、スカルノ大統領の権威が失墜した。

事件の経緯

 9月30日から10月1日にかけて大統領親衛隊長ウントゥン大佐(共産党系と言われる)が決起し、反スカルノ大統領派の陸軍中枢である国防相や参謀長を襲撃し、6将軍を殺害した。トンウォン大佐らは陸軍中枢がアメリカのCIAに指導されスカルノ大統領を倒そうとしているので先手を打ったという名目を掲げていた。しかし、10月1日夕刻までに、陸軍戦略予備軍司令官スハルト少将麾下の部隊によって決起部隊は鎮圧あされた。

事件の真相

 この事件は当時のスカルノ大統領・共産党・陸軍という三つどもえの対立から起こったものであるが、現在に至るまでその真相は明らかにされておらず、いくつかの解釈がおこなわれいるだけである。主な解釈には、
  1. スカルノ大統領のナサコム体制のなかで共産党が台頭していることに危機感を持った軍部が挑発した。
  2. スカルノ大統領の建康不安があり、焦った共産党が対立する陸軍の中枢を一気につぶそうとした。
  3. 陸軍中枢のスカルノ排除計画は本当であり、大統領派が大統領と共和国を守るため決起したが失敗した。
  4. 陸軍内の右派スハルト少将が、陸軍中枢の除去を目ざした行動で、右派の独裁政権を樹立するために仕組まれた。

共産党に対する大弾圧

 左派の決起を鎮圧した右派のスハルトは急速に陸軍内を掌握し、スカルノ大統領に迫って1966年3月1日に「秩序回復のための一切の権限」を与えられ、翌日直ちにインドネシア共産党を非合法化した。共産党の指導者アイディットは捕らえられて処刑、そのほか、30万から50万と言われる党員及びシンパが殺害されたという。スハルトは翌年に大統領代行となり、さらに1968年に第2代大統領に選出され、スカルノは完全に失脚した。

事件の結果と影響

  1. 独立後のインドネシアのスカルノ体制からスハルト体制への転換をもたらす大きな事件となった。
  2. インドネシアのナサコム体制は崩壊し、共産党は非合法とされ壊滅、軍を背景とした独裁政治が出現した。
  3. 独立実現と社会改革を進めた45年世代にかわり、経済の発展と社会の安定を優先する66年世代が台頭した。

Episode 今も癒えない九・三〇事件の傷

 事件から40年以上が経過するが、インドネシアでは今でも共産党は非合法とされている。また共産党関係者として逮捕され、刑務所に10年以上収容された人たちも、その権利は奪われ、公職に就けない他、経済的にも苦しんでいる。インドネシアの反共意識は根強く、世論調査でも未だに72%の国民が元政治犯の政府の要職につくことに反対している。最近ようやく事件の真相と権利回復を求める声が起こり、05年2月には国家人権委員会が権利回復と補償を勧告した。しかし、7月には中学・高校向け歴史教科書が九・三〇事件について「共産党が首謀した」という記述を削除したところ、政治家らの反発をうけ、直前に使用中止となった。<朝日新聞 2005年12月21日の記事による>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 オ.アジアと開発独裁