印刷 | 通常画面に戻る |

迎撃ミサイル制限条約

デタントの進展する中、1972年に米ソ間で迎撃ミサイル(ABM)制限で合意した。2001年、アメリカが離脱し失効した。

 1972年5月26日に、アメリカのニクソン大統領と、ソ連のブレジネフ書記長の間で締結された、弾道ミサイルの迎撃を目的とするミサイルの開発・配備を制限した条約。50年代に弾道ミサイル(ICBM)が出現すれると、続いて米ソはそれを敵の弾道ミサイルが自国に到達する前に撃ち落とすための迎撃ミサイル(ABM=Anti-Ballistic Missaile)の開発を競うようになった。これはの米ソ両国を際限のない軍拡競争に駆り立てることになり、両国の負担が増大した。そこで両国は相互確証破壊(MAD)戦略に基づき、迎撃ミサイルの制限に合意した。これは同年のSALT・Ⅰの合意と共に、70年代の緊張緩和(デタント)を象徴するものであり、また初めて核兵器に具体的な制限を加える画期となった。

ABM制限条約の失効

 2001年12月、アメリカのブッシュ(子)大統領はABM条約からの一方的離脱をロシアに通告し、同条約は失効した。理由はテロリストやならず者国家の脅威からアメリカを守るため、というものである。<岩波小辞典『現代の戦争』2002 p.240>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和