印刷 | 通常画面に戻る |

戦略兵器削減交渉(第1次)/START・Ⅰ

1982~91年の米ソによる戦略兵器(核ミサイル)の削減をめざす交渉。START・Ⅰ。核弾頭と運搬手段の削減で両国が合意した。

 START(スタート)は Strategic Arms Reduction Talks の略。70年代の戦略兵器制限交渉=SALT(ソルト、サルト)は Strategic Arms Limitation Talks であるから、Limitation(制限)から Reduction(削減)にレベルアップした交渉を意味していた。SALTは戦略核兵器の上限に制限を設ける交渉であったが、80~90年代のSTARTは、保有核弾頭と運搬手段を削減することが目標とされた。
 1980年代前半の交渉は「新冷戦」の時期に当たり、アメリカのレーガン政権が戦略防衛構想(SDI)を打ち出し、ソ連はヨーロッパに向けて中距離核戦力(INF)を配備するなど緊張が高まっていたため交渉は難航した。

交渉の進展

 1985年にソ連にゴルバチョフ政権が生まれ、89年には東欧諸国が一斉に社会主義を放棄するという激変が起きたことによって一挙に交渉がすすみ、91年7月、アメリカのブッシュ(父)とソ連のゴルバチョフによって合意に達し、調印された。これによって戦略核弾頭は6000個に規制され、運搬手段は1600基に削減されることとなった。削減率はアメリカが約27%、ソ連が36%であった。

戦略兵器削減交渉(第2次)/START・Ⅱ

1991~93年、アメリカとロシアで交渉された核ミサイル削減の交渉。2003年までに核弾頭の一定の削減すること合意した。

 START・Ⅰに続き、冷戦終結後のアメリカとロシア連邦の戦略兵器の削減に関する交渉は1991年から交渉が始まり、93年1月に合意に達した。START(スタート)・Ⅱともいう。
 アメリカのブッシュ(父)とロシアのエリツィンの両大統領によって署名され、2003年までに戦略核弾頭を3000~3500の間に削減することとなった。その後、START・Ⅲを継続することになっていたが、ブッシュ政権が弾道ミサイル防衛(BMD=Ballistic Missile Defense)構想を打ち上げたため、交渉はストップし、その後、進展していない。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和