印刷 | 通常画面に戻る |

デタント/緊張緩和

1970年代、東西冷戦の緊張緩和が進んだこと。ベトナム戦争期にアメリカ・ソ連とも軍備拡張を進めたため、経済を圧迫し、対立を解消する機運が進んだ。

 デタントとはフランス語で「くつろぎ」とか「ゆるみ」の意味。一般に「緊張緩和」の意味で使われる。特に、ドル=ショックとオイル=ショック以降の1970年代のアメリカとソ連の間での核軍縮が進行し、東西冷戦が変質した時期のことをいう。

緊張緩和の背景

 アメリカは60年代のベトナム戦争の失敗以降経済力が低下し、70年代のニクソンフォードカーターの各大統領が対ソ緊張緩和策をとることとなった。またソ連のブレジネフ体制が長期化する中でソ連経済が停滞、閉塞感が強まり、中ソ対立も重くのしかかっていた。このような米ソの状況が、世界経済の落ち込みとともに、緊張緩和の要因となった。
 また1968年のチェコ事件で、東欧社会主義圏に民主化の動きが出てきて、それをソ連が軍事介入して抑えなければならないと言う状況となったこと、翌1989年には中ソ国境紛争珍宝島事件で実際に火がつき、核戦争に発展しかねない危機となったという、共産圏全体の危機が背景にあった。

緊張緩和の始まり

 このような東側の状況を、最も近いところで直接接していた西ドイツのブラント首相が1970年に大きく方針を転換して、東ドイツ・ポーランドとの国境を承認して相互にその存在を認め、ソ連も含めて交渉を開始するという東方外交がきっかけとなって、東西冷戦に風穴を開ける、デタント(緊張緩和)が始まった。

緊張緩和の展開

 デタントの成果としては、72年の第1次戦略兵器制限交渉(SALT・Ⅰ)迎撃ミサイル制限条約、73年の核戦争防止協定、75年の全欧安全保障協力会議(CSCE)ヘルシンキ宣言などが挙げられる。

新冷戦への後退

 しかし、1979年にイラン革命が勃発してアメリカがその対応に失敗、またソ連がアフガニスタンに侵攻するに及んで再び緊張が高まり、アメリカにレーガン政権が登場して再び核軍拡路線に戻ったため、80年代前半は「新冷戦」と言われるようになる。この新冷戦を終わらせ、劇的な緊張緩和の高まりをもたらしたのは、85年のソ連のゴルバチョフ政権の登場であり、1989年の米ソ両首脳によるマルタ会談での冷戦終結宣言に至った。  → アメリカの外交政策 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和