印刷 | 通常画面に戻る |

日中共同声明

1972年、田中角栄・周恩来の日中首脳によって出された日中国交正常化をうたった声明。

 1972年9月29日、日本の田中角栄首相が訪中し、中国の周恩来首相との間で調印された、日中国交正常化に関する合意文書。日本は、中華人民共和国を中国唯一の合法政権であることを承認し、満州事変以来の両国の不正常な状態な状態の終結と、外交関係の樹立を宣言し、中国側は対日賠償請求権を放棄した。これによって日中戦争から戦後にかけて断絶していた両国の国交が回復された。同時に、日本は中華民国(台湾政府)と断交し、日華平和条約を破棄した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和