印刷 | 通常画面に戻る |

中ソ関係の正常化/ゴルバチョフの訪中

ソ連のゴルバチョフが中国の鄧小平政権の1989年5月に訪中し、1950年代後半からの中ソ対立に終止符を打ち、国交を正常化させた。

 1989年5月、ソ連のゴルバチョフ書記長が中国を訪問、鄧小平と会談して、中ソ対立を終わらせ、国交を正常化させた。
 中ソ関係は、1956年のソ連のスターリン批判以来の中ソ対立が続き、冷え切っていたが、1970年代に入り、東西緊張緩和(デタント)の進行や、中国の文化大革命の終結、鄧小平の改革開放路線の開始、などよって次第に関係改善の環境が整備されてきた。1985年にソ連に登場したゴルバチョフ政権は、「新思考外交」を掲げて中ソ関係改善にも乗り出した。1986年、極東のウラジオストックで演説したゴルバチョフは中国に関係改善を呼びかけ、鄧小平もそれを受け入れる準備があると表明して世界を驚かせた。
 当時は、カンボジア問題、アフガニスタン問題、国境兵力問題が「三大障害」とされたが、その克服が図られることとなった。1989年5月、ゴルバチョフは訪中し、鄧小平と会談、中ソ関係の正常化を承認した。このゴルバチョフの訪問によって、ソ連の改革にならって民主化を進めることを求めた市民や学生が蜂起し第2次天安門事件が起こっており、鄧小平政権は大きな危機を迎えた。中国当局は強権を発動し民主化を弾圧した。
印 刷
印刷画面へ