印刷 | 通常画面に戻る |

華国鋒

1976年、中華人民共和国の総理代行として毛沢東死後に四人組を逮捕。77年に文革終了を宣言した。鄧小平との権力闘争に敗れ、80年には失脚した。

 1976年、中国共産党の華国鋒は周恩来の死去を受けて総理代行に就任。彼は副総理兼公安部長であったが当時の党内序列は13位で中央の活動歴も少なく、意外な人事と受け止められた。総理代行に就任した華国鋒は、当初、鄧小平の経済政策を修正主義、走資派としてそれへの批判を強めることを表明し、文化大革命の継承を主張する四人組寄りの姿勢を明確にした。

毛沢東の遺言

 しかし9月に毛沢東が死去すると、四人組の政権奪取を警戒して江青らを逮捕、華国鋒みずから党・行政・軍の三権を独占した。彼の権力の根拠は、毛沢東が生前、「あなたがやれば私は安心だ」と「遺言」したというだけであった。従って毛沢東の忠実な実践者でなければならず、①毛主席の行った決定を全て変えてはいけない。②毛主席の指示は全て従う、という「二つのすべて」と呼ばれる方針を提起した。このように華国鋒は「文革」の継承を強調しなければならなかったが、他方長期にわたる経済の停滞、疲弊は深刻化しており、経済再建にも取り組まなければならず、「文革路線の継承と「四つの現代化」建設の提唱を同時に掲げるジレンマに陥ることとなる。

文化大革命の終了と失脚

 次第に経済政策に軸足を移し、ついに77年には鄧小平の復権と四人組の追放を決定、文化大革命の終了を宣言するに至った。その後、急速に鄧小平の影響力が増し、華国鋒は1980年8月、性急な経済政策の失敗と中越戦争の「失政」などが問題にされ、国務院総理を解任された。代わって趙紫陽がこのポストに就いた。  翌81年、華国鋒は文革、毛主席との関係から批判され、正式に党主席、党中央軍事委員会主席の座から降ろされ、党主席には胡耀邦が、軍事委員会主席に鄧小平自らが就任した。<天児慧『中華人民共和国史』1999 岩波新書 などによる>
印 刷
印刷画面へ