印刷 | 通常画面に戻る |

文明

農耕・牧畜とともに形成された高度な社会の段階。

文明の意味

 文化が、旧石器時代から人間が集団的に伝承してきたさまざまな生活様式であり、衣食住や生産活動、精神活動の一つの地域的まとまりを言うのに対し、文明とは、より高度であり、また文化を包摂したより広範な地域における人間の創造的な営みを言う、と理解しておこう。石器時代の文化遺産を継承しながら地球上ほぼ全域に拡散したホモ=サピエンスは、約5000年前ごろから各地で特色ある「文明」の段階に達したとされる。

文明の指標

 文明段階の指標としては、一般に、新石器時代に移行して農耕・牧畜が始まったことによって余剰生産物が富として蓄積されるようになり、その上で都市国家の発生・階級関係の形成・金属器の使用・文字の使用などが始まったことがあげられる。地球上にいくつかの文明が発生するが、この4点は共通することである。

文明の形成

 人類は地球上の異なった地域で文明を複線的に形成してきた。その内容はそれぞれの文明によって違うが、また互いに影響を受けている場合もある。従来はメソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、黄河文明という、大河川の流域に形成された「四大文明」という言い方がされてきたが、最近ではそれにアメリカ大陸の古代文明を加える場合も多く、また四大文明の周辺の文明にも注意が払われるようになってきている。そのため、例えば黄河文明は最近では長江流域の文明もふくめて中国文明として一括して論じられることが多い。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
序章 イ.文化から文明へ