印刷 | 通常画面に戻る |

コリント

ギリシアの有力ポリスの一つ。前4世紀初め、スパルタと戦う。

 古代ギリシアのポリス(都市国家)の一つ、ギリシア語ではコリントス。ペロポネソス半島のつけねに位置し、交通の要衝であったので商業が発達し、「ヘラスの星」と言われる有力ポリスとなった。シチリア島のシラクサはコリントの植民市として建設された。ポロポネソス戦争ではスパルタなどと同盟を結び、アテネと対立し、その後スパルタの覇権が成立するとそれに反発してアテネ、テーベ、アルゴスなどと同盟してスパルタと戦った。それが前395~386年のコリント戦争。この戦争はペルシア帝国の王の仲介で和約し、「大王の和約」と言われた。その後はテーベが台頭した。
 北方のマケドニアのフィリッポス2世はカイロネイアの戦いでアテネ・テーベの連合軍を破ると、前337年にこの地にスパルタを除くギリシアのポリスを集めて会議を開き、コリントス同盟(ヘラス同盟、ヘラス連盟ともいう)を結成させた。ヘレニズム時代はマケドニアの支配が続いたが、アレクサンドロス大王の没後は自立し、ギリシア南部のポリス連合であるアカイア同盟に加わった。次いで西方からローマが進出し、マケドニア戦争が勃発し前146年、コリントもローマ軍によって破壊された(西方でのカルタゴの滅亡と同年)。ギリシア建築の最も発達した形式とされるコリント式列柱はこの地から起こったとされる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 ク.ポリスの変質