印刷 | 通常画面に戻る |

ディオクレティアヌス帝

3世紀末のローマ帝国皇帝で専制君主政に転換させた。

ローマ帝国皇帝(在位284~305年)として、軍人皇帝時代の混乱を収拾し、政治体制をそれまでの元首政(プリンキパトゥス)から専制君主政(ドミナートゥス)に切り替え、「四帝分治制」によって帝国を再建した皇帝。また、キリスト教に対する最後の大迫害を行った皇帝としても知られる。彼は属州ダルマティア(イタリア半島のアドリア海を隔てた対岸。現在のクロアティア)の解放奴隷の子と言われる。軍人としてとして頭角を現し、執政官、親衛隊指揮官となり、284年に軍人皇帝時代の混乱を収拾して皇帝となる。専制君主政に切り替え、自らを神として崇拝を強要したディオクレティアヌスであったが、皇帝位は世襲とせず、20年の統治期間の公約どおり、305年東西同時に副帝に譲位し、55歳で引退した。

専制君主政と四帝分治制

 ディオクレティアヌス帝は皇帝になると、腐敗したローマを離れ、都を小アジアのニコメディアに移し、帝国を二分割、それぞれに正副皇帝をおく「四帝分治制(テトラルキア)」を始める。また東洋的な専制君主政を導入、皇帝崇拝を強要して、それを拒否したキリスト教徒に対する最後の大弾圧を行う。その経済統制、物価統制、コロナトゥスによる身分統制などは一定の効果を持ち、ローマ帝国後期の体制を作り上げ、その滅亡を遅くしたといわれる。

キリスト教の大迫害

 303年、ディオクレティアヌズ帝は最後で最大のキリスト教迫害を行った。自らをユピテル神になぞらえ、神としての皇帝崇拝と、伝統的なローマの神々への祭儀への参加をキリスト教徒に強要した。またキリスト教の書物は焼却され、教会の財産は没収された。次の東西正帝のうち、特に東の正帝ガレリウスは迫害を続け、エジプトや小アジアで多数の教徒が殉教した。西の正帝コンスタンティヌスは迫害を中止する。

Episode 奴隷出身のローマ皇帝

 ギボンの『ローマ帝国衰亡史』の一節。
(引用)ディオクレティアヌス帝の治世は、歴代先任帝の誰よりも見事だったのにひきかえ、当人自身の出自は、これまた誰よりも卑賤草莽の生まれだった。才幹と武力という強力な資格が、しばしば貴族という観念的諸特権の壁を打破してきたことは事実だが、さりとてなお自由民と奴隷階層との間には、依然として明確な一線が画されていた。ディオクレティアヌス帝の両親というのは、元老院議員アヌリアス家に仕えた奴隷だったし、また彼自身の名前からしてが、母の旧故郷だったダルマティア属州のある小村、その名前から取られた文字通り無名の姓にしかすぎなかった。だが、父の代になってやっと自由権をえ、まもなく同様条件の人間がよく就く書記職にありついたらしい。が、その息子(ディオクレティアヌス)というのは、ひどく青雲の志に燃えた青年で、好運の託宣でも受けたものか、それとも己の才幹を自覚したものかとにかくそれに動かされて、軍務に将来の夢を賭けることになった。・・・・<ギボン・中野好夫訳『ローマ帝国衰亡史』2 ちくま学芸文庫 p.113>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 カ.西ローマ帝国の滅亡
書籍案内

エドワード・ギボン
『ローマ帝国衰亡史』2
中野好夫訳
1997 ちくま学芸文庫