印刷 | 通常画面に戻る |

スコータイ朝

タイ人がインドシナ半島のチャオプラヤ川流域にに建国した王朝。 

 13世紀後半~15世紀に、現在のタイに興隆した王国。もともとタイ人(シャム人ともいう)は、中国の四川地方や雲南地方に住んでいたが、モンゴルの南下に圧されて、13世紀にインドシナ半島に移住し、先住民と同化しながら定住したとされる。
 はじめカンボジア(真臘)のアンコール朝に従属していたが、1257年ごろにスコータイを都としてスコータイ朝を起こした。第3代のラームカムヘーン王の1283年に、カンボジアの文字をもとに独自のタイ文字をつくった。また上座部仏教が保護され、スコータイをはじめ各地に仏教遺跡が多い。1350年に南のアユタヤにアユタヤ朝が起こると次第に衰退し、15世紀には地方政権として存続するだけとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 イ.元の東アジア支配