印刷 | 通常画面に戻る |

西ゴート人/西ゴート王国

ゲルマン人の東ゲルマン系ゴート人が4世紀ごろまでに東西に分裂。西ゴートはドナウ河北岸にいたが、375年に移動を開始、翌年ドナウ川を越えてローマ領内に入り、バルカン半島に移動した。5世紀にはイタリアからさらにイベリア半島に移動し、その地に王国を建設した。

376年、ドナウ川を越える

 ゲルマン人の一派で、ビシゴートともいう。東ゴート人フン人に征服されたのを知った西ゴート人は、フン人を避けて、375年に移動を開始、376年に大挙してドナウ川を渡り、ローマ帝国領に移動し、その保護を求めた。これがゲルマン人の大移動のはじまりとなった。
注意 民族大移動の開始年 西ゴート人が移動を開始したのは375年なので、一般にこの年を民族大移動の始まった年として、ミナゴーと移動を開始したと年号をおぼえます。しかし、用語集や歴史書には、376年がその年となっていて、一年の差ですが気になります。これは、移動を開始したのが375年で、実際にドナウ川を越えてローマ帝国領に入ったのが翌376年ということです。

ドナウ渡河の事情

 370年代に入り当方からのフン人の侵入によって東ゴート(グレウトゥンギ)が征服されたことを知った西ゴート(テルウィンギ)人は恐慌に陥り、375年、はじめ西のカルパティア方面に避難した。さらにその地も危うくなったため、376年、アラウィス王はシリアのアンティオキアに滞在していたローマ皇帝ウァレンスに使者を送り、ドナウ川を越えてローマのトラキア地方に逃れることの許可を求めた。ゴート人はそれより前の369年にヴァレンス帝とドナウ川を越えないことを約束していたからだ。ローマ軍への兵士の提供を条件に渡河を求めてきた西ゴート王に対し、ヴァレンス帝はそれを許し、トラキアに土地を与えることを約束した。ヴァレンス帝はフン族についてはほとんど情報はなかったが,ゴート人をローマの兵力に加えることで有利になると判断したらしい。この時ドナウ川を渡河した西ゴート人の数は正確にはわからないが数万(3万5千から4万とも言われる)と推定され、特別に大規模だったとはいえない。

難民の怒りが歴史を作る

 トラキア地方の属州モエシアに入った西ゴート人を迎えたローマ軍司令官はいわば移民である彼らに「ひどい仕打ち」をした。食糧を提供せず、高値で買い取るよう迫り、渡河した人たちは飢えで苦しむ難民と化し、ローマに対する怒りが漲ってきた。すると軍司令官は西ゴートの指導者を欺して宴会に招き、捉えて人質にしようとした。難を逃れた指導者の一人が西ゴート人や続けて渡河してきた集団にローマに対する反抗を呼びかけるとたちまち大きな勢力となった。虐げられた難民の怒りが反ローマの戦いとなって、帝国の滅亡の始まりとなったわけで、何か現代にも通じる教訓になるようです。
アドリアノープルの戦い 西ゴート人を中心としたゲルマン人諸集団の反ローマ闘争はトラキア一帯に広がり、首都コンスタンティノープルを脅かした。皇帝ヴァレンスはササン朝ペルシアとの戦いを早々に切り上げ、ゴート人の反乱の鎮圧に向かったが、378年8月9日、アドリアノープル付近の草原で反乱軍に遭遇、激戦となり、皇帝自身が矢で射られ、避難した小屋に火をかけられて焼き殺されてしまった。ローマ軍は決定的な打撃を受け、大敗北となった。これによって西ゴートらゲルマンの人々は二度とドナウの北に押し戻されることは無くなった。<南川高志『新・ローマ帝国衰亡史』2013 岩波新書 p.161-168>
ローマ=西ゴート同盟条約 西ゴートとローマのテオドシウスは、382年改めて同盟関係を結び、西ゴート人はドナウ河とバルカン山脈のあいだいの属州地域に居住することが認められた。この条約では西ゴートはローマ軍への協力を約束したが、独自の軍隊組織を自治を認められ、ローマ帝国内に事実上の独立政権が出来上がったことを意味していた。このようなローマ帝国の弱体化を知った他のゲルマン諸部族は、その後相次いでローマ領内に乱入してくることとなる。

アリウス派の信仰

 キリスト教アリウス派ニケーア宗教会議で異端とされ、ローマ領内での布教が出来なくなった。4世紀の中ごろ、西ゴート人のウルフィラという人がコンスタンティノープルでアリウス派に改宗し、聖書のゴート語訳をつくってゴート人に布教したことから西ゴート人に信仰が広がった。ゲルマン人の土俗的信仰と結びついて西ゴート人に近い東ゲルマン系の間に広がった。
アラリック王 ローマ帝国の東西分裂した395年の前後、西ゴート人はアラリックに率いられて、たびたび東西ローマ領内に侵攻した。西ローマ帝国の将軍スティリコはアラリックと講和してその力を利用しようとしたが、宮廷内のゲルマン人排除の動きによって処刑され、アラリックはローマ攻撃を決意、410年にローマを占領しし3日間にわたって掠奪した。しかし、ローマにはとどまらず、イタリア半島を南下、アフリカに渡ろうとしたが失敗し、北に引き返す途中アラリックは死去した。

西ゴート王国 418年~713年

 アラリックの死後、イタリア半島を北上してガリアに入り、西進して南ガリアを支配し、さらに415年にイベリア半島(イスパニア)に入り、ヴァンダル人を追い出して、418年にガリア南部とイベリア半島を支配して西ゴート王国を建国した。なお、ビシゴート王国という言い方もある。
 451年には、西ローマと協力してフン人のアッティラの侵入をカタラウヌムの戦いで撃退した。しかし、5世紀の終わりにはガリアをフランク人のクローヴィスに奪われ、領土はイベリア半島だけとなり、507年以降、都をトレドに定めた。

イスラーム勢力によって滅ぼされる

7世紀にアラビア半島に起こったイスラーム勢力は急速に北アフリカのマグリブ地方を征服し、ついに711年、アジブラルタルを超えてイベリア半島に侵攻した。このイスラームの侵入を抑えることが出来ず、西ゴート王国は713年に滅ぼされた。その都であったトレドはイスラーム圏に入ったが、中世を通じてキリスト教世界からも学者が訪れ、イスラーム文化への窓口となり、多くの学者が学ぶ文化都市として発展する。
※「ゴート」とから「ゴシック式」や「ゴシック書体」という言葉が生まれたことは東ゴート人の項を参照。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 ア.ヨーロッパの風土と人びと
書籍案内

南川高志
『新・ローマ帝国衰亡史』
2013 岩波新書