印刷 | 通常画面に戻る |

ユダヤ教徒追放令

1492年、スペイン王国のカトリック両王が、レコンキスタの完了とともに出した法令で、カトリック教国であることを確定させた。

 15世紀末のスペイン王国で行われた、ユダヤ教の信者、つまりユダヤ人に対する改宗か、国外退去かを命じた法令。1492年1月にグラナダを陥落させてレコンキスタを完了したイサベル女王とフェルディナンド5世のカトリック両王が、同年3月31日に、このユダヤ教徒追放令(ユダヤ人追放令とも言われる)を発した。これは、サンタフェでコロンブスがイサベル女王と大西洋西回り航海に関する協約を取り交わす18日前にあたる。

イスラーム政権下では共存

 ユダヤ人がイベリア半島に住み着いた年代は不明であるが、8世紀のイスラーム社会の中で既に活躍が目立っていた。南スペインのコルドバその他の都市ではユダヤ人は商人として経済的実力を持ち、また知識人としても大変な重きをなしていた。イスラーム教徒はユダヤ人に寛容で、彼らが教会堂(シナゴグ)を建てることも許可していた。

ユダヤ教徒に対する迫害の始まり

 ところが12世紀にベルベル人のムラービト朝がモロッコから侵入すると、彼らは異教徒に不寛容で、キリスト教徒(モサラベと言われた)やユダヤ教徒を迫害した。そのためコルドバに住んでいたユダヤ人は、北のキリスト教圏のトレドに移り、トレドのユダヤ人商人や知識人の活動が活発になった。こうしてキリスト教社会でユダヤ人が一大社会勢力となると、それに対する反発も強くなった。こうして1391年にスペイン全土で大規模な反ユダヤ人暴動が起こった。

1391年の反ユダヤ暴動

 1391年6月9日に、セビリャで始まった暴動は、集団ヒステリーのような状態でコルドバ、それからカスティリャ、アラゴンにひろがり、ついにバレアレス諸島にまで達した。各地でユダヤ人に対する略奪、虐殺がおき、約4000人が殺されたといわれる。その結果多くのユダヤ人が国外に逃亡し、また多くの改宗者(コンベルソ)が出た。或る学者は10万ないし15万人のユダヤ人がキリスト教に改宗し、キリスト教社会は俗にコンベルソといわれるユダヤ人集団を抱えることとなった。彼らはまた新キリスト教徒といわれ、以前からのキリスト教徒と区別された。<以上、増田義郎『コロンブス』岩波新書のp.131-136>

1492年のユダヤ教徒追放令の影響と評価

 イベリア半島のキリスト教勢力はレコンキスタをすすめるうちに、イスラーム教徒に対する敵愾心から、強固なカトリック信仰が形作られていった。スペイン王国のカトリック両王も、熱心にローマ=カトリック教会の保護を行い、1492年にすべてのユダヤ人はキリスト教に改宗して洗礼を受けるか、4ヶ月以内に国外退去しなければならないとされた。その結果、15万ないし20万のユダヤ人がイベリア半島を去ったといわれている。
ただしその評価については、最近では「ユダヤ人追放令」ではなく「ユダヤ教徒追放令」とし、追放されたユダヤ人の数も10万未満で経済に大きな影響を与えたものではない、という見解が見られる。その場合でも、この追放令で、スペインがカトリック宗教国家という性格を確定したという見方は動いていない。<立石博高編『スペイン・ポルトガル史』世界各国史16 p.145-147>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ウ.スペインとポルトガル