印刷 | 通常画面に戻る |

ジャマイカ

ジャマイカ共和国国旗
ジャマイカ共和国国旗

キューバの南のカリブ海の島。クロムウェルの1655年にイギリスに征服される。

 西インド諸島の中のキューバの南にある島。1494年のコロンブスの到達以来スペイン領となるが、1655年にクロムウェルのイギリスが征服、1670年に正式にイギリス領となった。1962年にジャマイカ共和国がイギリス連邦の一員として独立。一貫して砂糖のモノカルチャーが続いている。

スペイン人の入植

 スペイン人宣教師ラス=カサスの報告には次のような一節がある。「1509年、スペイン人たちはサン・フワン島(プエルトリコ)とジャマイカ島へ侵入したが、その二つの島はまるで実り豊かな果樹園のような所で、そこには巣に群がる蜂のように大勢の人がひしめきあって暮らしていた。・・・スペイン人たちはインディオたちを殺したり、火攻めにしたり、また彼らに獰猛な犬をけしかけたりした。更にスペイン人たちはインディオたちを鉱山での採掘やそのほか数々の労働で酷使し、圧迫し、苦しめ、結局、その哀れな罪のない人々を全員滅亡させてしまった。両島にはかつて60万人以上、いな、100万人を超える人が暮らしていたであろうが、今ではそれぞれ200人ぐらいしか生き残っていない。」<ラス=カサス『インディアスの破壊についての簡潔な報告』染田秀藤訳 岩波文庫 1976 p.39>

クロムウェルのジャマイカ征服

 ジャマイカはコロンブスのカリブ海探検によって知られるようになり、スペイン人が入植し、砂糖などの栽培を始めていた。イギリスでピューリタン革命が起こり、クロムウェルが政権を取ると、彼は有名な「西方計画」を立案した。これは「エスパニャ(スペイン)王の、精神、政治両面にわたる、悲惨な束縛と拘束」からインディオの住民を解放し、「真の宗教(プロテスタンティズム)をひろめること」を宣言するものであると同時に、西インド全域にイギリスの利益を拡げる動機があった。計画に従い、ウィリアム=ペンらに率いられた艦隊がまずエスパニョラ島(現在のハイチとドミニカ)占領をめざしたが、疫病と大雨のために失敗し、目標をジャマイカに変更、1655年5月に占領した。現地人の抵抗は5年ほど続いたが、結局イギリス領となった。<増田義郎『略奪の海カリブ』1986 岩波新書 p.113-114>

イギリスの支配

 1655年、クロムウェルの時イギリスに征服され、以後1958年までその殖民地とされ、特に砂糖は西インド最大の産地となり、アフリカとの三角貿易で運ばれた黒人奴隷が砂糖プランテーションの労働力とされた。ジャマイカの砂糖と黒人奴隷貿易はイギリスに大きな冨をもたらした。フランス革命中にハイチで黒人反乱が起きると、ジャマイカでも黒人暴動が起き、白人支配者の苛酷な弾圧が行われた。しかし、イギリス国内で黒人奴隷貿易や奴隷制度に対する人道主義の立場からの批判が強まり、1807年には奴隷貿易が禁止され、さらに1833年には奴隷制度廃止が実現した。なお、アメリカ南北戦争の時にも1865年に西インド全域で黒人の武装蜂起が起こったが、本国の派遣した軍隊によって鎮圧された。

独立運動

 イギリスは1953年にようやく自治を認め、1958年には他の西インドのイギリス自治領とともに「西インド連邦」を結成して独立したが、諸島・諸地域間の歩調が合わずに62年に解散し、同年8月、ジャマイカとトリニダート・トバゴが分離独立した。<『世界各国史』1965年版 p.598>

ジャマイカの海賊

 イギリス領ジャマイカの港ポート=ロイヤルは、スペインの艦隊や商船から、バッカニーアと言われて恐れれられた海賊の基地となった。最も有名なヘンリー=モーガンはキューバやパナマのスペイン領の都市を襲撃し、莫大な財宝を得ていた。彼は本国のチャールズ2世などに賄賂を送り、ナイトの位とジャマイカの裁判所判事の地位を得た。さらに1674年にはジャマイカ副総督に任命され、表向きは海賊取り締まりを強化すべきだと唱えていたが、裏ではひそかに私掠免許状を海賊に発行し、戦利品の10%を得ていた。このことが表面化して、モーガンは1683年に公職追放処分を受けた。<武光誠『世界史に消えた海賊』2004 青春出版社 p.94>