印刷 | 通常画面に戻る |

立法議会

フランス革命期の1791年に成立した立憲君主政のもとでの制限選挙による議会。1792年9月解散。

フランス革命が進行する中、国民議会1791年憲法を制定して解散した後、その憲法の規定で制限選挙が実施され、成立した議会を立法議会 Assemblée Législative という。憲法に続く諸法規の制定を任務とした。1791年10月~92年9月の約1年間存続した。

立憲王政か共和政か

 立法議会は国民議会の議員だったものは立候補できない規定だったので、大多数が年若い新人たちで構成され、勢力分布はフイヤン派(立憲王政を主張)=264名、ジャコバン=クラブ(主流は共和政を主張するジロンド派。ほかにパリを拠点としたコルドリエ=クラブも含む)=136名、無所属345名であった。 無所属のうち過半数はほとんどいつもジャコバン=クラブに賛成の投票をした。この立法議会では、穏和な中間派を多数を占め、右翼としてフイヤン派、左翼としてジャコバン=クラブの中の共和派であるジロンド派が主導権を争った。フィヤン派はバルナーブ、デュポール、ラ=ファイエットら、ジロンド派はブリソー、コンドルセ、ロラン夫妻、ヴェルニョ、ジャンソネ、ガデ、イスナールなどであった。後のモンターニュ派につながるクートンらも活動始まる。

対オーストリア・プロイセン戦争を議決

 1792年3月、ジロンド派が優勢となり、内閣を組織し、王政廃止・共和政の方向が明確になると、フイヤン派は強く反撥するようになった。ブリソーらジロンド派の指導者は、国民の目を対外戦争に向けるために、4月には対オーストリア開戦を立法議会で可決し、外国の干渉に対する戦争を開始した。しかし、戦況は不利に動き、国内ではジャコバン=クラブの中に急進的な山岳(モンターニュ)派が下層市民の支持を受けて台頭するなど、混乱が続き、1792年8月10日事件をきっかけに立法議会は解散して、男子普通選挙による新議会である国民公会が発足した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第11章3節 ウ.戦争と共和政