印刷 | 通常画面に戻る |

諸国民の春

1848年、二月革命・三月革命でウィーン体制が倒されたことでヨーロッパの被抑圧民族のナショナリズムが高揚したことをいう。その動きは文字どおり「春」でおわり、「秋」には弾圧されててしまった。

 多民族国家であったオーストリア帝国では、3月13日、首都ウィーンで民衆が蜂起し、三月革命が起こった。このためオーストリアでは、それまで抑圧されてきた民族のナショナリズムが一気に高揚して、ベーメン民族運動(チェコ)、ハンガリー民族運動ポーランド、北イタリアのヴェネツィアロンバルディアミラノ蜂起)などで相次いで独立運動が起きた。これを総称して諸国民の春と言っている。

春から秋へ

 オーストリア政府はメッテルニヒがウィーンから脱出して亡命し、皇帝フェルディナント1世もインスブルックに難を避けるなど追いこまれ、一時は議会の設置や民族の自治を認めざるを得ない情勢となった。しかし、パリで労働者の六月蜂起が失敗し、共和政府は反動化したことから情勢が変化し、オーストリアの皇帝政府の反撃が始まった。北イタリアではラデツキー将軍の指揮するオーストリア軍がサルデーニャ王国軍を破り、プラハのチェコ人の運動も弾圧された。ハンガリーではコシュートらの新政府に対して、ハンガリー人から抑圧を受けていたクロアティア人が反旗を翻し、イエラチッチに率いられてオーストリア軍と共にブダペストを占領、ハンガリーの独立運動は押さえ込まれた。またポーランドの運動は「ヨーロッパの憲兵」ロシア軍によって抑えつけられてしまった。こうして一年のうちに情勢は激しく変化し、「諸国民の春」は文字どおり「春」でおわり、6月以降は一斉に反動化して「秋」を迎えることとなった。
 1848年のこれらの運動はオーストリアやロシアの軍隊の力で抑えつけられたが、しかし、18世紀後半から20世紀初めに実現する自由、民主政の実現、民族の独立などの大きな動きの出発点となった。 → 1848年革命
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章1節 オ.1848年革命