印刷 | 通常画面に戻る |

ミラノ蜂起

1848年、イタリアのミラノで起こったオーストリアからの独立を求めた暴動。ラデツキー指揮のオーストリア軍に鎮圧された。

 北イタリアのロンバルディアの中心都市ミラノは、18世紀初頭のスペイン継承戦争の結果、ラシュタット条約によってスペインからオーストリア=ハプスブルク家領に譲られたので、オーストリアの支配を受けていた。一時、ナポレオンが北イタリアに作ったチザルピナ共和国の首都となったが、ナポレオン没落のウィーン会議の結果、ウィーン議定書でオーストリア支配が復活した。

オーストリアからの独立運動

 オーストリア帝国は多民族国家として多くの民族を支配下においたが、北イタリアもその一つであった。ウィーン体制下で自由主義とナショナリズムが高揚し、その影響が北イタリアにも及んだ。1848年、ウィーン三月革命が起こったことを受けて、ミラノ市民が蜂起した。これは1848年の諸国民の春といわれた民族独立運動であるとともに、市民的な自由の実現も目指した運動であったので、ミラノ革命と言うこともある。

“ミラノの5日間”

 ミラノ市民は5日間の凄惨な市街戦の後、オーストリア守備隊を町から追い出し、共和政を樹立を宣言した。この勝利を“ミラノの5日間”ともいう。しかし、ミラノを支援する口実で乗り込んだピエモンテ(サルデーニャ王国)の国王カルロ=アルベルトロンバルディアとピエモンテの合併を宣言し、そのための住民投票を表明した。その上で、5月に軍を進めてオーストリアに向かったが、7月のクストーヅァの戦いで、ラデッツキー将軍に率いられたオーストリア軍に敗れた。カルロ=アルベルトはロンバルディアをオーストリアに返還したため、イタリア各地の革命運動は急速に衰退した。ヴェネツィアの共和政もミラノと同じく崩壊し、北イタリアは再びオーストリアの支配下に入った。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 オ.イタリアの統一