印刷 | 通常画面に戻る |

サルデーニャ王国

サヴォイア家のピエモンテ地方とサルデーニャ島を併せた国家。イタリア統一運動の中心となった。

 サルデーニャ王国とは、北イタリアのピエモンテ地方を支配していたサヴォイア家が、サルデーニャ島も支配(1720年)してからの国号である。都はピエモンテのトリノ。サヴォイア家(英語ではサヴォイ、フランス語ではサヴォワ)は11世紀から続くサヴォイア地方(現在はフランス領)を拠点とした豪族で、北西イタリアのピエモンテ地方を併せ、トリノを拠点にアルプス南部一帯を支配する公国であった。

サルデーニャ王国の成立

 18世紀初頭のスペイン継承戦争ではイギリス・オーストリア側に付き、トリノの戦いでフランス軍を破り、ユトレヒト条約でシチリア王国を併合して「王国」となった。1720年にはシチリア島とオーストリア領のサルデーニャ島(地中海で最大の島)とを交換し、「サルデーニャ王国」となった。<この経緯については、藤沢道郎『物語イタリアの歴史』1991 第8話参照>
 したがってサルデーニャ王国と称するが、その国力の中心はトリノを中心とした北西イタリアのピエモンテ地方であった。1796年、ナポレオンに率いられたフランス軍がイタリア遠征を行い、ピエモンテはその通路としてフランス軍に蹂躙された。1810年、ナポレオンは再びイタリアに侵攻し、その結果ピエモンテはフランスに併合され、国王はサルデーニャ島に逃れざるを得なくなった。ナポレオンの支配はサルデーニャには及ばず、またイギリス海軍がシチリアと共にサルデーニャを防衛する形となったため、サルデーニャ王国は本土のピエモンテを失ったものの、サルデーニャ島で存続した。 → イタリア(フランスの支配)

ウィーン体制のもとで

 ナポレオンの没落によってサルデーニャ王国はピエモンテを回復し、さらにウィーン会議においてジェノヴァの領有を認められ、ヨーロッパ本土と地中海のサルデーニャ島にまたがる国家として再建され、ウィーン体制のもとで常に隣接するフランスとオーストリアの両勢力の圧力を受けながら、その緩衝国家として巧みにバランスをとり、また豊かな農業生産力に加え、分裂しているイタリアの中でも最有力の国家となっていった。
 ウィーン体制の時代、イタリアは分裂状態が続いていたが、全体としてはオーストリアの支配が強まり、ヨーロッパ各地での民族の独立と自由を求めるナショナリズムの台頭と呼応して、イタリアにも分裂を克服して統一を求める運動が始まった。とくに工業の発展したピエモンテでは市民層の成長も早く、独立と統一を求める結社であるカルボナリが1821年にピエモンテ蜂起を起こしたが、オーストリア軍に鎮圧されてしまった。しかしこれがイタリア統一運動(リソルジメント)の始まりとなり、サルデーニャ王国はその拠点となっていく。

オーストリアとの戦い

 全ヨーロッパで自由主義の高揚した1848年革命には国王カルロ=アルベルトが憲法制定に同意し立憲君主国となった。しかしミラノロンバルディア)・ヴェネツィアの反オーストリア暴動を支援してオーストリアと戦ったが敗れ、イタリア統一は一歩後退し、北イタリアのオーストリア支配が復活した。

首相カヴールの登場

 次のヴィットーリオ=エマヌエーレ2世の時、首相カヴールが登場、国家体制の近代化をはかるとともに巧みな外交政策によってクリミア戦争に参戦するなど国際社会での地位を高め、イタリア統一運動の中心勢力となっていく。カヴールはフランスと結んでロンバルディア(中心がミラノ)とヴェネチアを支配していたオーストリアの勢力を排除しようとして宣戦布告(イタリア統一戦争=伊墺戦争)、しかしフランスのナポレオン3世がオーストリアと単独講和したためロンバルディアを得るに留まった。

イタリア王国への統一

 その後、サヴォイア(つまり王家の発祥の地)とニース(青年イタリアの指導者ガリバルディの出身地)をフランスに譲る代わりに中部イタリアを併合、1860年にはシチリアとナポリをガリバルディが占領し、彼がその地の統治権を国王に献上するという形で、イタリア統一をほぼ成し遂げ、翌61年に国号をイタリア王国に改める。しかし国王は依然としてヴィットーリオ=エマヌエーレ2世を名乗り、首都もトリノであり、国家制度や法律もそのまま継承された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 オ.イタリアの統一