印刷 | 通常画面に戻る |

独墺同盟

1879年に、ドイツ帝国とオーストリア=ハンガリー帝国間に結ばれた軍事同盟。

かつて1866年に普墺戦争で戦った相手であるオーストリアと同盟を結ぶという、大きな転換がもたらされたのがこの条約である。ドイツ・オーストリアが提携した経緯は次のようなものがある。ドイツ帝国ビスマルクがフランスを抑えるためにオーストリア=ハンガリー帝国とロシア帝国との三国で三帝同盟(1873年)を結成した。この同盟はフランスの第三共和政に対して、その自由主義や共和政思想が東方に浸透しないように、君主政を維持しようという精神的な意味合いが強かったが、オーストリアとロシアがバルカン問題で対立、1877年の露土戦争によってロシアがバルカンに大きく勢力を伸ばしたことに反発したオーストリアがイギリスと共にベルリン会議でロシアに圧力をかけた。このため、ベルリン条約によってロシアのバルカン進出は抑えられた。反発したロシアは、1879年、三帝同盟から離脱し、フランスに接近する動きを示した。そのため、ビスマルクは改めてオーストリアとの提携を強める必要から、同年独墺同盟を締結した。
 この両国の軍事同盟は、1882年にイタリアが加わり、三国同盟に発展しした。しかし、ビスマルクはロシアとの同盟をあきらめず、その前々年の1881年にはオーストリアを誘ってロシアとの新三帝同盟を結んでいた。この新三帝同盟が結局オーストリアとロシアの対立のため1887年に消滅すると、それに代わるロシアとの安全保障のために、同1887年、再保障条約を締結した。これは三国同盟と矛盾するので、秘密条約とされた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 キ.ドイツ帝国とビスマルク外交