印刷 | 通常画面に戻る |

再保障条約/二重保障条約/独露保障条約

1887年、ビスマルク時代のドイツがロシアとの間で締結した秘密軍事条約。1890年に消滅した。

二重保障条約とか、再保険条約とも訳される。Treaty of Reinsurance の訳。
 ドイツ帝国の成立を普仏戦争の勝利によって実現させたビスマルクは、その後も、フランスを孤立化させるため、列強とのさまざまな同盟関係を結ぶというビスマルク外交を展開した。その重要な柱が、ドイツの東に位置するロシアとの同盟関係によって、少なくとも中立にしておくことであった。そのためにまず三帝同盟を結成したが、1877年の露土戦争でロシアがバルカン半島に進出したことでオーストリアとの関係が悪化し、解体してしまった。さらにベルリン会議におけるビスマルクの調停は、ロシアに不利なものに終わったため、ロシアはフランスに接近し、ドイツにとっては東西両面に敵を持つという不利な情勢となった。そこでビスマルクは、急きょオーストリア=ハンガリー帝国に働きかけ、1879年に独墺同盟を結んだ。

独露再接近の事情

 それでもドイツの安全保障には不十分と考えたビルマルクは、1881年、ロシア・オーストリア=ハンガリーに働きかけ、新三帝同盟(三帝協商ともいう)を結成した。さらに翌1882年には独墺同盟に、フランスのチュニス進出に反発したイタリアを組み込んで三国同盟とした。こうして、三帝同盟と三国同盟という二つの同盟網を組み合わせて、ヨーロッパの安全保障を維持しようとしたのがビルマルク外交であったが、それにはオーストリアとロシア、オーストリアとイタリアという潜在的な敵対関係を含むという無理があった。果たせるかな、オーストリアとロシアは再びバルカンのブルガリア問題で対立し、新三帝同盟は1887年に延長されることなく消滅した。
 ビスマルクはそれでもロシアとの提携に固執し、新たにロシアとの二国間同盟を働きかけた。ロシアはアジアでイギリスと対立し、バルカン方面でオーストリア=ハンガリー帝国と対立しているので、ドイツとは事を構えることは出来なかった。そのような二国の利害が一致して同じ1887年、独露間の再保障条約が成立した。  内容は、ドイツがフランスと戦争となった場合はロシアは中立を守り、ロシアがイギリス・オーストリア=ハンガリーと戦争になった場合はドイツは中立を守ることを約束するという軍事同盟であった。またドイツはロシアのバルカンへの介入を認めた。

再保障の意味

   この条約はオーストリア=ハンガリーとの独墺同盟とは矛盾することになるので、存在を公表せず、秘密条約とした。再保障(Reinsurance)とは、三国同盟でオーストリア=ハンガリー帝国との間で安全を保障しながら、この条約でロシアとも安全保障を取り決めたという意味であり、二重保障とも言われている。

ビスマルクの二枚舌外交

 ビスマルク外交の多角的な秘密外交は、再保障条約だけではなかった。同じ1887年、ビスマルクは一方でオーストリア=ハンガリー帝国とイギリス、イタリアに働きかけて、地中海協定を成立させている。ドイツ自らは加わらず、この三国に、ロシアが再びイスタンブル方面に進出するようなことになった場合、それを阻止するために共同で行動することを取り決めさせた。このように、ビスマルクはロシアを警戒しながら裏では手を結ぶという、巧妙な二面外交、二枚舌外交を行っていた。

再保障条約の消滅

   この条約は1890年に期限が切れたが、その年にビスマルクを辞任させたドイツ帝国のヴィルヘルム2世は、その継続を認めず、再保障条約は消滅した。そのためロシアはドイツに気兼ねせずにフランスに接近するようになり、ビスマルクの恐れたことが現実のものとなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 キ.ドイツ帝国とビスマルク外交