印刷 | 通常画面に戻る |

インド独立法

1947年、アトリー内閣で成立したインドの分離独立を認めた法律。

 1947年7月18日、イギリスのアトリー内閣の時、議会で成立した、インドの独立を認める法律。ただし、ガンディーらが主張したインドの一体となった独立ではなく、インドの分離独立が条件とされた。この法律に基づいて、同年8月15日、インドは分離独立し、ヒンドゥー教徒のインド連邦と、イスラーム教徒のパキスタンが成立した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 エ.南アジア・アラブ世界の自立