印刷 | 通常画面に戻る |

インドの分離独立

1947年8月、インドはヒンドゥー教徒の国インドと、イスラーム教徒の国パキスタンとに分離して独立した。

 イギリスのインド植民地支配に対して、1857年のインド大反乱以来、反英闘争が激化してきた。
 その戦いには何回かの高揚期があるが、20世紀に入ってからは国民会議派が中心となった組織的な闘争が始まり、特に第一次世界大戦後のガンディーらを指導者とする非暴力・不服従による独立運動が特徴的なインド独自の運動の形態として盛んになってきた。しかし、イギリスによる支配は軍事力と同時に、インド内部のヒンドゥー教徒とイスラーム教徒の間の宗教的対立、いわゆるコミュナリズムを利用した巧妙な分割統治によって維持されてた。その結果、インド独立は第二次世界大戦後の1947年8月に実現したが、それはガンディーの目指した「一つのインド」としての独立ではなく、インドとパキスタンという分離独立という結果となった。

ヒンドゥーとイスラームの対立

 イギリスが独立運動を弱体化するためにとった分割統治の影響を受け、植民地側にヒンドゥー教徒とイスラーム教徒の分離主義が生じてしまった。ガンディーらヒンドゥー教徒主体のインド国民会議派は、イスラーム教徒も含めてのインド一体となった独立を追求したが、必ずしも少数派のイスラーム教徒と協力することに徹底していなかった。またイスラーム教徒側は、ジンナーなど全インド=ムスリム連盟が途中から分離独立を主張するようになり、1940年にはパキスタン決議を採択して分離独立を明確に宣言し、両者は一体化出来ないまま独立に踏み切らざるを得なかったと言える。

第二次世界大戦中のインド

 第二次世界大戦が起きると、イギリスはインドを自動的に連合国側に参戦させ兵力の供給地とするために、戦後の独立を認めたが、ガンディーら国民会議派は、帝国主義との戦いよりも、まず即時独立を認めよと迫った。ガンディーらはイギリスが即時独立を認めないならば、イギリスには協力できないとして、「インドを立ち去れ」(クィット=インディア)運動を起こしたが、イギリスはガンディーらを逮捕し、運動を弾圧した。なお、インドの一部にはチャンドラ=ボースのように、日本軍に協力してイギリスを追い出す戦いに立ち上がり、日本軍とともにイギリス軍と戦った人々もいた。

インドとパキスタンの分離独立

 1947年7月イギリスのアトリー内閣のもとで、イギリス議会がインド独立法を可決すると、それを受けて同年8月15日、ヒンドゥー教徒の国であるインド連邦と、イスラーム教徒の国であるパキスタン(インドの東西の二地域、現在のパキスタンとバングラデシュから成り立っていた)に分離独立という形となった。
 こうして200年に及ぶ植民地支配が終わり、独立を達成した。ガンディーは分離独立に強く反対したが、両派(政治的には国民会議派と全インド=ムスリム連盟)の対立は修復できず、分離独立となってしまった。そのため、インドにいたイスラーム教徒はパキスタンへ、パキスタンに含まれることになったヒンドゥー教徒はインドへ、それぞれ迫害を逃れて大移動することとなり、その過程で各地で衝突が起きた。
 しかも独立直後の1947年10月にカシミール帰属問題から起こったインド=パキスタン戦争は、その後三次まで続き、現在も解決がついておらず、互いに核開発を競うなど憎しみを深めていることは憂うべきことであろう。 → インド共和国

分離独立の悲劇

 インドがヒンドゥー教地域とイスラーム教地域という宗教上の線引きで分離独立に至ったため、次のような悲劇が起こった。
(引用)分離独立はますます民衆を宗教的熱狂へとかりたてた。復讐は復讐を呼び、ついに住民は死か逃亡かの二者択一にせまられた。こうして世界史上まれにみる宗教による住民の大移動が始まったのである。東パンジャーブ(インド領)からはムスリムの難民の群れが西パンジャーブ(パキスタン領)に向かい、西からはヒンドゥー教徒・シク教徒の難民が東に流れていった。この大移動で国境を越えた者の総数は、1200万とも1500万とも言われている。汽車やバス、トラックから馬車・牛車に至るまで、ありとあらゆる交通機関が動員されたが、大多数は数百マイルの道程を、恐怖におののき飢餓にあえぎながらとぼとぼと歩いていった。難民の列はえんえん80キロも切れることがなかったと言う。道中双方で、略奪・婦女暴行・強制改宗などあらゆる残虐行為が連鎖的にくりさえされた。落伍した老人や病人は路上に見捨てられ禿鷹の餌食になり、おまけに、移住民の間にコレラや天然痘が発生した。こうして緑なす「五大河(パンジャーブ)」流域は、一夜のうちに流血の修羅場と化した。<森本達雄『インド独立史』1973 中公新書 p.198-9>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 エ.南アジア・アラブ世界の自立
書籍案内
インド独立史 表紙
森本達雄
『インド独立史』
1978 中公新書