印刷 | 通常画面に戻る |

イラク革命

1958年、エジプト革命に刺激されたイラク民衆が、ハーシム王家を倒し共和政を実現した革命。

 1958年7月14日、イラク王国(ハーシム家のファイサル2世)が倒され、イラク共和国が成立した革命。イラクは第一次世界大戦後のイギリスの委任統治のもとで、1921年にハーシム家を国王とするイラク王国として独立し、1932年にはイギリス委任統治が終わり、完全独立を果たしていたが、国王は親英政策を続けていた。第二次世界大戦後、エジプト王国と同じく、パレスチナ戦争に敗れたことで、王政に対する不満が強まっていた。

イラク革命

 1952年、同じアラブ諸国であるエジプトで、ナセルらのエジプト革命が成功し、56年のスエズ戦争へと続くアラブ民族主義の高揚の中で、王政をとっていたイラクでも、カセム将軍、アレフ大佐らに指導された軍人グループがバグダードで蜂起、親イギリス政策を続けるハーシム王家のファイサル2世らを殺害し、イラク共和国を樹立した。
 バグダードに成立したイラク革命政権は反英米の姿勢を明らかにし、58年のナセルによるエジプトとシリアが合同してアラブ連合共和国が成立したこととともに、イギリス・アメリカにとって大きな脅威となった。さらにイラクは翌59年にはバグダード条約機構(METO)を脱退した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 エ.南アジア・アラブ世界の自立