印刷 | 通常画面に戻る |

モルドバ/モルドバ共和国

1991年、ソ連解体に伴い独立した共和国となる。ルーマニアとの国境紛争を抱える。

 モルドヴァとも表記。旧ソ連邦を構成していた国。プルート川をはさみ西をルーマニアと、ほぼドネストル川流域をはさんで東をウクライナに接している。文化的にはルーマニアの影響が強く、モルドバ語もルーマニア語と同じ。
 かつてこの一帯は、ベッサラビアと言われ、オスマン帝国、ロシア帝国などの争奪の対象となった。14世紀後半からはモルダヴィアのモルドヴァ公(現在のルーマニア)が支配したが、15世紀からはオスマン帝国(トルコ)の宗主権の下におかれた。18世紀から南下政策を実行し始めたロシアが進出し、1812年にロシアがトルコから奪った。  クリミア戦争でロシアが敗れたため、1856年のパリ条約では南部がモルドバに割譲されたが、露土戦争後の1878年、ベルリン条約で再びロシア領となった。  ロシア革命が起こり、ロシア帝国が倒れると、1918年にルーマニアが占領し、併合を宣言した。ロシア革命政府はそれを認めず、対立が続く。1920年のパリ条約でルーマニアの領有が国際的に承認される。第二次世界大戦中の1940年、ソ連は独ソ不可侵条約の秘密協定に基づき、ベッサラビアを占領して、モルダヴィア・ソヴィエト社会主義共和国を創設した。  1947年、連合国とルーマニアの協定で、ソ連帰属が承認される。その後ソ連邦/ソ連の一員として存続したが、1989年の東欧革命の影響を受け、ソ連からの分離運動が活発となり、1991年国名を「モルドバ共和国」に変更し、12月に独立国家共同体(CIS)に加盟した。1994年には新憲法が制定され、民主化、市場経済導入が進んだが、2001年には共産党が議会で多数を占め、大統領も出した。

沿ドニエストル問題

 しかし、トニエトストル東岸一帯にはロシアからの移住者が多く、かれらはロシアとの分離を認めず、1991年には武力衝突に発展した。現在も事実上「沿ドニエストル共和国」が統治しており、中央政府の支配は及ばす、全欧安全保障協力機構(OSCE)が調停に当たっているが、対立は続いている。
印 刷
印刷画面へ