印刷 | 通常画面に戻る |

パリ条約(1856)

1856年のクリミア戦争のロシアとオスマン帝国を中心とした講和条約。

クリミア戦争の講和会議であるパリ講和会議の結果、1856年3月30日に締結された講和条約。敗戦国ロシアと勝利国イギリス、フランス、プロイセン、オーストリア、サルデーニャ、オスマン帝国の間で締結。ロシアの南下政策を阻止するのが目的。結果的にイギリスの主張する方向でオスマン帝国(トルコ)の領土保全が図られた。
主な内容は、
 ・オスマン帝国(トルコ)の領土尊重
 ・1841年のダーダネルス=ボスフォラス海峡閉鎖と黒海中立化の確認、
 ・ドナウ川自由航行の原則と航行国際監視委員会の設置、
 ・ロシアはベッサラビアをモルダヴィアに譲る、
 ・モルダヴィアワラキア(後のルーマニア)、セルビアの自治の承認など。
これによってロシアの南下政策はいったんおさえられることとなったが、1870年代のアレクサンドル2世はふたたび南下政策を強め、1877年に露土戦争を起こし、78年のサン=ステファノ条約でバルカン進出を図ったが、イギリスはロシアの行動をこのパリ条約違反であると非難して問題化し、ベルリン会議開催となり、ビスマルクの巧妙な外交によりロシアの南下政策はふたたび抑えられることとなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 ア.東方問題とクリミア戦争