印刷 | 通常画面に戻る |

テーベ

エジプト中王国、新王国の都。ナイル中流にある。現在のルクソール。近くに「王家の谷」、「カルナック神殿」などの遺跡が多い。

 エジプト中王国新王国時代の都で、ナイル川河口のアレクサンドリアからは約千キロ南の中流(上エジプト)に位置する。ギリシア語でテーベと言われたが、古代エジプトではワセトと呼ばれていた。現在ではルクソールと言われて、市街地の中心はナイル川東岸になっているが、「王家の谷」はその対岸のナイル西岸にある。

エジプト新王国の都として繁栄

 エジプトの古王国は、下エジプトのメンフィスを都としていたが、前2040年頃、テーベの王が上下エジプトを再統一して中王国の時代となった。その後、前18世紀にはヒクソスの侵入などで混乱が続いたが、前1552年にテーベの王がヒクソスを追い、新王国(第18王朝から第20王朝)を建て、テーベは再び都となった。
 テーベには、守護神アメン神が祭られ、周辺にはカルナック神殿、ルクソール神殿などが作られた。またテーベにはアメン神を祭る神官が大きな勢力を持っていた。近くにファラオたちの墳墓である「王家の谷」もある。
 アメンホテプ4世(イクナトン)の時、一時都はテル=エル=アマルナ、さらにメンフィスに移されたが、このアマルナ革命と言われた変革は失敗に終わり、都はテーベに戻された。その後のラメセス2世時代にテーベでカルナック神殿などの大造営が行われた。
 新王国時代のテーベは、人口が百万人あり、オリエント世界最大の都市となった。しかし、前4世紀にアレクサンドロス大王がナイル河口にアレクサンドリアを建設し、その死後はアレクサンドリアがプトレマイオス朝エジプトの都となると、遠く離れたテーベは衰退し、エジプト中王国・新王国の栄華を伝える神殿のみが残る宗教都市となった。

Episode クレオパトラの夢

デンデラ、ハトホル神殿

ルクソール(古代のテーベ)近郊のデンデラ神殿の中心、ハトホル神殿の壁面レリーフで、左がクレオパトラ、右がカエサリオン。 (トリップアドバイザー提供)

 古代のテーベ、現在のルクソールの北へ約100キロのデンデラには、プトレマイオス朝からローマ時代にかけて造られた神殿の遺跡がある。その中心のハトホル神殿は、王ファラオと同一視されていたホルス神の母、イシス女神を祀っている。プトレマイオス朝最後の女王クレオパトラは自分をイシス神の化身と考えていたので、この神殿の背後に自分の姿を彫らせている。そこにはイシス神の姿をしたクレオパトラと、ホルス神に擬したその息子カエサリオン(カエサルとの間に生まれた男子)が描かれ、その右手のアメン神を初めとするエジプト神々に向かって、クレオパトラが将来のエジプトを担うカエサリオンをよろしくと頼み、神々が会議でそれを認定しているという構図になっている。
 この神殿のレリーフは、彼女が絶頂にあった時、カエサルと共にナイル川を遡ってテーベに立ち寄り、そこに自分の記念碑を建て、エジプトの神々に捧げようと思い立った。後にカエサリオンが生まれると、カエサリオンがエジプトの統治者、そしてカエサルの後継者としてローマをも含む世界帝国の統治者となることを願い、自らはその母后となるであろうという希望に満ちあふれていた。このクレオパトラの壮大な夢を物語るのがこのデンデラ神殿のレリーフである。
 なお、ここに刻まれているクレオパトラを示すカルトゥーシュ(枠に囲まれた王名)に刻まれた神聖文字(ヒエログリフ)が、シャンポリオンロゼッタ=ストーンを解読するときに使われた。<吉村作治『クレオパトラの謎』1983 講談社現代新書 p.9-14>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 エ.エジプトの統一国家
書籍案内

吉村作治
『クレオパトラの謎』
1982 講談社現代新書