印刷 | 通常画面に戻る |

リディア王国

前7~6世紀、4国分立時代の小アジアに生まれた国家。

前7世紀~前546年、4国分立時代の小アジア(現在のトルコ)西部にあったインド=ヨーロッパ語族系統の王国。リュディアとも表記。都はサルデス。前612年にアッシリア帝国滅亡した後の4国分立時代の一つで、商工業が発達し、前7世紀に世界で最初の貨幣を使用したことで知られる。リディア王国はイオニア地方にも隣接し、ギリシア文化にも大きな影響を及ぼした。しかし、東方のイラン高原に起こったペルシアに次第に圧迫され、前546年にペルシアのキュロス2世によって滅ぼされた。

Episode 最後のリディア王クロイソスの名言

 「平和より戦争をえらぶほど無分別な人間がどこにいるだろうか。平和の時には子が父の葬いをする。しかし戦いとなれば、父が子を葬らねばならない。・・・」
このことばは、ヘロドトスの『歴史』に見える、リディアのクロイソス王の言葉である。リディアはアケメネス朝ペルシアのキュロス2世に攻撃され、その王クロイソスは首都サルデスで捕らえられ、火あぶりにされることになった。燃えさかる薪の上でクロイソスがアポロンの神に祈ると、突如雲があつまって大雨になり、火が消えてしまった。キュロス王はクロイソスが神に愛された立派な人間だと知り、彼を薪の上からおろし、「わしの友とならず敵となったのはだれのしわざか」と訊ねた。それに対する答えの一節が先ほどの言葉であった。その言葉を聞くとキュロス王はクロイソスを傍らに座らせ丁重にもてなし、その後もご意見番として重んじた。<ヘロドトス『歴史』巻一 87節 松平千秋訳 岩波文庫(上)p.72 >
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 カ.古代オリエントの統一
書籍案内

ヘロドトス『歴史』上
松平千秋訳 岩波文庫