印刷 | 通常画面に戻る |

ロードス島

エーゲ海の南、小アジアに近い島。ギリシア人の都市国家が造られ、交易・学問で栄えた。ローマ領、ビザンツ帝国領を経て、十字軍時代にはヨハネ騎士団の拠点となる。現在はギリシア領。

 地中海世界につらなるエーゲ海の東側、小アジアに近いところに位置するドデカネス諸島の中の最大の島。ロドス島とも表記する。現在はトルコの国土に近いが、ギリシア領となっている。ギリシア系ドーリア人が移住しいくつかの都市国家を建設、ペルシアの侵攻に一時的に服した後、デロス同盟に加わり、後に三ポリスが合併してロードスを建国、東地中海の貿易で繁栄した。 → 島の位置はエーゲ海の項の地図参照

ヘレニズム時代からローマ時代へ

 ロードス島はヘレニズムにはエーゲ海の東南の入口に位置していることから、このしまをめぐってa href="wh0102-105.html">アンティゴノス朝マケドニアとプトレマイオス朝エジプトが争い、勝利したプトレマイオス1世は救済者の称号を与えられ、島にプトレマイオンという神殿が建てられた。ヘレニズム時代を通して仲介貿易で栄え、自然科学や哲学者も活動し、ローマからも遊学するものが多かった。しかし、マケドニア戦争(前215~前167年)とそれに続いてコリントなどギリシア諸都市を征服したローマは、東地中海支配の拠点として、エーゲ海のまん中のデロス島を自由貿易港とし、イタリア商人やフェニキア商人の商館が設けられたため、ロードス島の繁栄は失われていった。その後、ロードス島は、ローマ帝国、ビザンツ帝国の支配を受けた。

Episode 古代の七不思議の一つ「ロードス島の巨像」

 ロードスはディアドコイ戦争に巻き込まれ、アンティゴノス朝マケドニアのデメトリオス1世(アンティゴノスの子)の攻撃を受けた。デメトリオスは「攻城者」と言われるほどその攻撃はすさまじかったが、ロードスはそれに耐えて守り通した。ロードス市はそれを記念して市神ヘリオス(太陽)の巨像を青銅で造った。これが古代の七不思議の一つに数えられているロードス島の巨像だが、前227/226年に倒壊し、現在は見ることが出来ない。

ヨハネ騎士団

 1291年、十字軍運動の拠点アッコンが陥落してからは宗教騎士団の一つ、ヨハネ騎士団がこの地を本拠として活動するようになった。その後、いわばキリスト教世界のもっとも東の前哨基地となっていたが、1522年にオスマン帝国スレイマン1世によって征服され、騎士団はクレタ島に逃れた。1912年からはイタリア領となったが、第二次世界大戦後の1948年にギリシアに編入された。
注意 なんの関係もない『ロードス島戦記』 角川スニーカー文庫から発売(1988年)され、大人気となったライトノベルに『ロードス島戦記』(作者水野良)があるが、これは実在のロードス島とは全く関係のない、空想上の島です。ヨハネ騎士団の存在がインスピレーションになったのかも知れませんが、文字どおり荒唐無稽なものですので、参考にはなりません。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ア.地中海世界