印刷 | 通常画面に戻る |

マルタ島

地中海のほぼ中央、シチリア島の南に位置する島。16世紀にはマルタ騎士団領となり、現在はマルタ共和国となっている。

 現在はマルタ共和国として独立国であり、2004年にはEU(ヨーロッパ連合)に加盟した。「地中海のへそ」と言われ、シチリア島と共にフェニキア(カルタゴ)、ローマ、イスラーム、ノルマンなどが重層的に残っており、独自の文化を形成している。
 地中海世界では重要な位置にあり、早くからフェニキア人が渡来し、前7世紀からはカルタゴの領土となった。第2回ポエニ戦争でカルタゴが敗北したため、ローマ領となった。
 ビザンツ帝国時代を経て、9世紀にアラブ人が侵攻しイスラーム化する。1090年にシチリアのノルマン人が征服し、以後両シチリア王国領となるが、その後はシチリア島と共に神聖ローマ帝国、フランス、アラゴンなどの勢力による争奪が続いた。
 1522年、オスマン帝国スレイマン1世によってロードス島を追い出されたヨハネ騎士団が、1530年に神聖ローマ帝国(スペイン王を兼ねる)カール5世からマルタ島を所領として与えられ、そのためマルタ騎士団と言われるようになり、マルタ島は騎士団国家となる。騎士団はバレッタに城塞を築き、たびたびオスマン帝国の海軍の侵攻を受けるが撃退し、1571年のレパントの海戦ではマルタ騎士団も艦隊を編成して参戦した。
 近代ではナポレオンがエジプト遠征の途次、上陸してマルタ騎士団を追放。ナポレオン没落後はイギリス軍が占領し、ウィーン会議で成立したウィーン議定書によってイギリス領とされた。
 日本は第一次世界大戦に参戦し、地中海に海軍を派遣、マルタに寄港している。第二次世界大戦でも独伊軍による包囲攻撃を受けた。
 戦後、1964年にイギリス連邦内で独立、74年に大統領を選出して共和政となった。1989年にこの地でブッシュ・アメリカ大統領とゴルバチョフ・ソ連大統領のマルタ会談が行われ、冷戦終結宣言が出された。

Episode 『マルタの鷹』

 アメリカのハードボイルドの代表的な作家ダシル=ハメットが1930年に発表した『マルタの鷹』はハンフリー=ボガードが主人公の探偵スペイドを演じて映画化され有名になった。話は、マルタ騎士団の秘宝を巡る殺人事件。ロードス島を追われた騎士団が、毎年1羽の鷹を献上することのみを条件にカール5世からマルタ島を与えられた。騎士団は大きな財産を持っていたので、カール5世の恩情に報いようと、生きた鷹ではなく「宝石をちりばめた鷹」を造って献上した。その秘宝が現代に現れて、争奪戦が繰り広げられるというストーリーだ。<ダシル=ハメット『マルタの鷹』村上啓夫訳 創元推理文庫>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ア.地中海世界
書籍案内

ダシル・ハメット
『マルタの鷹』村上啓夫訳
創元推理文庫