印刷 | 通常画面に戻る |

国際オリンピック大会/近代オリンピック

1896年、第1回がギリシアのアテネで開催され、以後4年に一度開催が続いたが、世界大戦での中止や政治的理由でのボイコットなども起こった。

 近代オリンピックの第1回は、1896年に古代オリンピック発祥の国ギリシアの首都アテネで開催された。以後、第二次世界大戦中を除き、4年ごとに開催されている。この近代の国際オリンピック開催が決定されたのは1894年6月23日(現在この日はオリンピック・デーとして記念日とされている)、パリ国際スポーツ会議においてであった。この会議を提唱したのがフランスのクーベルタン男爵であった。

古代オリンピックの精神

 19世紀前半に興った古代ギリシア賛美の文化運動であるギリシア愛護主義の運動が最高潮に達していたこと、ちょうどこのころ、ギリシアでシュリーマンのトロヤやミケーネの発掘に続いて、ドイツ人のクルティウスが古代オリンピア遺跡発掘を成功させていたことが背景にあった。クーベルタンは、競技会開催中は戦いを止めること、ポリスの名誉のために戦い、勝者には月桂樹の冠が与えられるだけというアマチュアリズムなどの古代オリンピックの精神にもとづいた国際大会の開催を提唱し、満場一致で採択されたのだった。

オリンピックと戦争・テロ

 以後、20世紀を通じて国際的な友好を深める上で大きな役割を果たしたが、1936年のベルリン大会のようにナチスドイツの国威発揚に利用されたり、2度の大戦での中止、1972年のパレスチナ=ゲリラ「黒い9月」によるミュンヘン大会でのテロ、1980年のモスクワ大会での西側諸国ボイコット、84年ロサンゼルス大会でのソ連などのボイコット、など国際政治の荒波に翻弄された時もある。
 また現在では当初のアマチュアリズムは姿を消し、商業主義への傾斜が強いことを批判する声も強い。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 ケ.国際的諸運動の進展