印刷 | 通常画面に戻る |

謝霊運

六朝文化の詩人の一人。南朝の宋で活躍したが、反逆罪で処刑された。

5世紀の南朝の文帝時代の人で、六朝文化の詩人として有名。彼は前王朝の東晋に対する忠義をわすれず、宋の文帝を簒奪者として非難したため、反逆者として捕らえられ広東で処刑された(433年)。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 エ.魏晋南北朝の文化