印刷 | 通常画面に戻る |

市舶司

中国の唐に始まる港湾都市に置かれた貿易を管理する役所。

 海外との貿易を管轄する役所で、唐の玄宗の時、714年に広州に市舶使(司ではなかった)が置かれ、宋代には市舶司が泉州明州、温州、杭州などに設置された。宋代では貿易船の積荷の検査、輸入税の徴収などの貿易業務に当たった。元、明、清でも継承された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 ア.東アジアの勢力交代