印刷 | 通常画面に戻る |

イスマーイール派

イスラーム教シーア派の一分派で、最も過激とされる。

 イスラーム教の主流派で多数派であるスンナ派に対して、少数派とされているシーア派は、その中の主流である十二イマーム派から、さらにいくつかの分派が分離した。その一つがイスマーイール派である。十二イマームの6代目イマーム・ジャーファル=サーディクの後継者をめぐる争いから分裂し、その長子イスマーイールの子孫をイマームとして信奉する一派が生まれた。それがイスマーイール派で、彼らはシーア派の中でも最も過激な一派として知られる。特に政治行動では反体制的な活動を行うことで知られ、各地に独立政権を作った。10世紀に北アフリカのチュニジアに起こってエジプトを支配したファーティマ朝もこのイスマーイール派の一分派が建国したものである。イスマーイール派からさらに分派したのが、ドゥルーズ派やアラウィー派、暗殺教団として有名なニザール派である。

イスマーイール派の分裂事情

 第6代イマームのジャーファル=サーディクはシーア派法学を理論づけた重要なイマームだったが、765年に毒殺された。シーア派ではムハンマドの甥であるアリーの血をひくことと、先任者の指名を受けることが絶対条件とされていたが、後継者に指名されていたイスマーイールがすでに亡くなっていたため、次のイマームを誰にするか問題となった。やむなく多くの信者は、ジャーファルがベルベル人の女奴隷との間に設けたムーサー=カーズィムを第7代とすることで合意した。それに対して一部の人びとは、ジャーファルは息子イスマーイールを迫害から守るため一時的に隠しているに過ぎず、実は生きているのだとして、イスマーイールを第7代イマームに推した。結局決裂して、イスマーイールを第7代イマームとする人びとは、イスマーイール派として分裂した。<桜井啓子『シーア派』2006 中公新書 p.27>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 エ.イスラーム帝国の分裂