印刷 | 通常画面に戻る |

聖像禁止令

726年にビザンツ帝国レオ3世が出した聖像の使用を禁止する法令。ローマ教皇が反発しキリスト教の東西対立の端緒となった。

 726年、ビザンツ帝国の皇帝レオン3世(レオ3世)が発布した、教会において聖像を崇拝することを禁止し、それを破壊することを命じたもの。聖像破壊令、偶像禁止令とも言う。一切の偶像を否定するイスラームに対抗するため、キリスト教の原則に戻ることを目指したものであり、また反対する教会・修道院領の没収が狙いだったとも言われている。

聖像とは

 キリスト教の信仰のためにつくられた、イエスやマリア、その他の聖人の像。ローマ教会でも東方教会でも、さかんに聖像の立体像や、画像が作れられた。しかし、キリスト教の教えでは、偶像崇拝は否定されており、聖像をめぐって論争があった。ビザンツ帝国では、イスラームの攻勢を受ける中で、徹底した偶像崇拝否定であるイスラーム側からたびたび嘲笑される事態があった。そのため、ビザンツ帝国内の東方教会の聖職者の中で、聖像を認めるか否定するかという「聖像崇拝論争」が起こった。その問題に決着をつける形で、726年に聖像禁止令が出されると、各地で聖像破壊運動(イコノクラスム)によってイエスやマリアの像が壊されるようになり、それは西方教会にも及んでいった。

聖像禁止令のねらい

 レオン3世が聖像禁止令を出した直接の契機は、小アジアでイスラーム軍と戦って勝利したとき、小アジアの農民から、イスラーム教に対抗するにはキリスト教も本来の偶像否定を徹底しなければならないという訴えを受けたからであったが、れらいは別のところにあった。それは教会や修道院の所有地を没収すると言うことだった。当時、ビザンツ帝国内の教会と修道院は寄進された土地を持ち、その土地には課税されず、その住民を国王が兵士とすることも出来なかった。イスラーム軍の侵攻を受けて財政が苦しく、兵士を確保したいビザンツ皇帝は、教会・修道院から土地と領民を取り上げようと考え、聖像禁止令を出し、それに従わなければ土地・領民を没収するとした。つまり、軍隊の基礎である自由な小農民層を育てるため、免税特権をもつ教会・修道院の大所領発達を抑える目的を持っていた。<堀米庸三『世界の歴史3 中世ヨーロッパ』1961 中央公論社>

ローマ教皇の反発、国際問題化 

 だからこの法令は教会側に拒否されることを想定して出している。皇帝が教会に対して命令が出せるのは、ビザンツ帝国は皇帝教皇主義が採られ、皇帝が教会の首長を兼ねていたからだ。ところがこの聖像禁止令は全キリスト教世界に大きな動揺と混乱をもたらし、「聖像崇拝論争」は東西教会の対立に発展してしまった。ローマ=カトリック教会では、ゲルマン人への布教のため、聖画像を用いてたため、この聖像禁止令に激しく反発し、聖像破壊者を破門にした。ビザンツ皇帝は、北イタリアのランゴバルド王国をてなずけてローマ教会に圧力を加えた。こうして東西教会の対立は激しさを増していった。

ローマ教皇とフランク王国の提携

 ビザンツ帝国・ランゴバルド王国に圧力を加えられたローマ教皇は、フランク王国に新たな保護を期待し、739年にフランク王国に提携を申し込んだ。だが当時イスラーム軍の侵入を撃退するのにランゴバルド王国の支援を受けていた宮宰カール=マルテルはそれを受けず、この時は提携に失敗した。しかしその後、カール=マルテルの子ピピンがカロリング朝を立てるときにローマ教皇の承認を求め、その見返りにランゴバルド王国から奪ったラヴェンナを教皇に寄進したことから関係が強まり、ついに800年のカールの戴冠に至るのである。このようなローマ教皇とフランク王国の提携の背後には聖像禁止令でビザンツ帝国との関係が悪化したことがあった。

聖像禁止令のその後

 ビザンツ帝国では、レオン3世の次のコンスタンティノス5世がさらに強い聖像禁止を実施し、違反者に厳しい弾圧が加えられた。あくまで聖像崇拝をつづける修道士は捕らえられ、見せしめに公開で処刑された。787年にも禁止令を発布し、聖像破壊を進めたが、しかしその反動も起こり、9世紀に入ると教会側の巻き返しによって聖像を認める動きも出てきた。結局、843年には皇太后テオドラによって聖像崇拝が認められた。その結果、レオン3世とコンスタンティノス5世はこんどは教会を弾圧した暴君と評価されるようになってしまった。ただしギリシア正教会での聖像は、立像は認められず、イコンという平面の聖像のみが認められた。これによって聖像崇拝問題は解決したが、その結果、教会・修道院の領地はそのまま残されることとなり、レオ3世の目指した国土の統一的支配は頓挫し、以後のビザンツ帝国では、一時マケドニア朝の隆盛を迎えるが、その後は急速に封建化していく。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 エ.ローマ=カトリック教会の成立